プロフィール

★ えび ★  

Author:★ えび ★  
35歳、海と圧力鍋とネイル好き。
好きワード→「ゆるく楽しく安く」
苦手ワード→「努力と根性」


バリ島のホテルの口コミ
バリ島のホテルの口コミ

RED RIBBON LINK PROJECT

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボディボードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ セルフジェルネイルへ
にほんブログ村

カレンダー(月別)

04 ≪│2008/05│≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

**おすすめ**


化粧品はココで

女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ

**おすすめ**

見て下さい


↑クリック!



↑クリック!

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

QRコード

QRコード

RSSフィード

++2012年は「マイペースを乱さない」でいきます!++
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
Bali16*最終日さよならBali
Bali16*最終日さよならBali
国内航空券のことならおまかせください!エアナビ.com
お勧めツアーが盛りだくさん!H.I.S.の海外ツアー





5月3日。
ついにBali最終日が来てしまったー。(涙)
今夜の飛行機で日本に戻らなくてはいけない。
通り過ぎるホテルの従業員全員に『今日帰っちゃうんでしょ』と言われ、
こんな人もいたっけ、と思う人にも『何時に行くの?』と言われ。
こうゆうの、すっごくうれしくない?
入口のセキュリティスタッフとも『帰りたくないよぅ~』とさよならの握手。
ふぅ、ステキなホテルだっ
アラムルーム
↑この部屋ともお別れか・・・って水着干しまくりで汚いですが。w
素適なホテルだったけど、部屋の中で蚊取り線香が禁止だったのが残念だったとこ。
(電気式の蚊取り線香が常備されている)
蚊取り線香の香りが大好きだったのにな~。
フロントの天井
↑フロントの天井までかわいかったー!



前日にバンチョーから、
「明日はサイズアップするよ、潮の上がる朝7時がいいよ」
と言われていたので、朝一は前夜のピザの残りを食べてクタビーチでサーフ。
この日は最後でバタバタするだろう、とガイドなしです。
目の前がビーチならいつでも入れるね、って思ってたけど、あまりクタビーチでは入らないままでした。
潮の合う時間や昼間は違う場所で入っていたし、夕方は疲れちゃってるし。
でもこれで最後だと思うと、根性みせてあと3回はクタで入っておけばよかったな~、なんて。
欲は尽きません・・・。

板を持ってビーチに出ると確かにデカイ
私がテケテケに見えるからなのか、
『今日は危ないから入っちゃだめだよー』と声をかける地元っ子まで。
はい、ご親切にすいません・・・。w
でも猛烈ダンパーじゃないからなんとかなるさ!

過去、潮の時間とか何も気にしてなかった(も~っとヘボかった)頃、
目に見えるクタ~レギャンのすべての波が、(あっちから、あ~~~っちまで)
一直線にどダンパーになった時に入水した事があるのだ・・・。
もちろん乗れる訳もなく、女2人で死にそうになってた事が。
(もちろんちゃんと分かってる地元っ子は入っていない・・・)

引いてる時はダンパーでよくないのだ。
行く前にネットでタイド表をプリントして持ってくと便利かも?
http://www.surfedge.com/tide01.html
そしてポイントマップを見ておくと、ガイドにもリクエストしやすいかも?
http://www.surfedge.com/surfpoint/index.html
M君と地形のいい場所を選び、ドキドキしながら入水デス=3
デカいセットが入るとひょいひょいっとローカルが乗ってく。
私は本気ドルヒンで精一杯・・・。
つい乗ることよりも、セットを食らわないようにするのに必死になるのが悪い癖。
やっと『ナイス切れ目!』と思っても、ピークにはローカルが・・・。
はい、そんなもんです
うぅぅ~ん、どうすれば
(ピークで勝負すればいいのだが、負け試合は目に見えてる)
私はグーヒーの割れる位置、M君は1サイズ大きめのレギュラーの割れる位置にいたので1人ぼっち。
わーん、どうしよう、乗れないよー。
でもそんな時にある人を発見!!!

ライ君発見です!!

『ラーイくーん!』と手を振って接近。
ガイドを断ったって喧嘩した訳じゃないから気まずい訳じゃないしさ。
それからしばらくはライ君とサーフしました。
『セット来るよ!』
『次はあっちが割れるよ!』
・・・などなど、なんだかライ君がとっても頼もしく思えるよ。
『待ってたっていい波は乗れないよ~』とライ君に言われた言葉に改めて納得。
やっとなんとか乗れた私に、
『さっきのかっこよかったよ!』・・・と、ガイドした日より心強いのは気のせい?w
ライ君のおかげで何本かいい波に乗れて復活でした。
地元っ子はやっぱり目がいいのかしら?
私には見えない位置から早くセットに気付くなー。
途中からM君も合流して3人で張り切りサーフ。
パリッとした波で満足じゃ~、と思えた頃、パワー切れで脱水でした。
最後の海、満足満足



ホテルに戻るも部屋に戻らず、塩流しがてらのプール遊び。
代わりにプールで水遊びなのでした。
プール遊び1
↑フィンまで持ち込み本気ではしゃぐ。
プール遊び2
↑横に広げた手がかわいい。w
相手の足首を持ってぐるぐる振り回したり、本気飛び込みしたり。
(よい子はマネしちゃいけません・・・)
大騒ぎしてたので、いつもプールサイドにいる読書オージーもいません。w
はしゃいだもん勝ちじゃ
本気プール遊びもいいな~。
(だけど異常な程の塩素の強さで目が痛かった・・・。)
そして午後は、散歩がてらビンタンスーパーなどへ。
ビンタンスーパーマーケット
↑ビンタンスーパーマーケット。
買い物0417
↑最終日の戦利品。
いい香りの柔軟剤「molto」はミニパックで香り違いを購入しました。
サイコーにいい香り~、で癒されまくりだじょ。
大きいレギュラーサイズは持って帰るのが重いので・・・。
そして頼んでいた木彫りのネームプレートも出来上がりました。
お店によって色んなサイズ、値段があるので見てみてちょ。
デザインにもよるけど、大体1個千円~2千円前後で交渉出来ると思います。
頼んでからまた取りに行くので、近いお店が便利じゃね。

今回はお互いの親へのお土産なので、無難にイルカちゃんで。
右上のやつは卓上カレンダー。
カレンダー
↑今月はテガラランの田植え時期の絵で、なんだかステキで部屋に飾ってます。
私の中では写真じゃないのがツボだった。V
よく見ると日本のと違って、曜日が縦についてて面白いんだよ。
お土産用に沢山買えばよかったな~、なんて。


ブラブラ&ランチしてたらいつの間にか夕方。
最後はもちろんナシゴレンでしょ、って事でモリモリっと食べる。
海を見ながらご飯って気持いいね~
帰るなんてイヤだね~
ずっと一緒にいたM君とも、いつもと変わらず過ごせてよかった。
今回は大風邪ひいて迷惑かけちゃったけど・・・。(汗)
時が止まればいいのに~、ってロマンチックとかじゃなく本気で思ったよ。
でも、そんな事を言ってる場合じゃありません。
あと1時間でチェックアウトしなくちゃいけないのに・・・

全く荷造りしてないけど?(汗)

お化粧もして、ブローもして身支度(だけは)はばっちりだったのにー。
2人でウギャーっと必死な荷造り。w
初日から洗面所には化粧道具を広げっぱなし、クローゼットには洋服を出しっぱなし。
またこれをトランクにつめるのか・・・。
私は「適当代表のO型野郎」なので、ポイッっとトランクに投げ入れっちまえば終了なのだけど、
M君は「きちんとA型さん」なので、せかせかしながらきちっと荷造り。
こんな急いでるのに、お店のようにきっちり洋服を畳むM君。
荷造りは性格が出るね・・・
お陰でチェックアウト2分前に荷造り終了でした・・・。
あんだけしんみりしたというのに、最後はこんなドタバタ・・・
とほほ。
ま、こんなもんです。
荷物を運んだベルボーイさん、大量の荷物をありがとう。
こんな時はチップを忘れずに。
バリはチップ制度はない、なんて書いてある本もあるけど、それって「?」って思う。
いいサービスを受けたら払うべきものだし、現地の人だって貰いたいと思ってるんだろうし。
タクシーだってチップを含ませて多少多めに払うのが観光客のマナーだと思うし。
これは人それぞれの考えがあると思うけど、私はこうゆう考えです。
もちろん「ありがとう」と思える相手に渡すだけ。
「欧米の観光客が増えてきてからの弊害」だなんて言う人もいるみたいだけど・・・。
両替すると大きい紙幣ばかりになるので、チップ用に少し細かい紙幣を貰うといいかもです。

429クタビーチ
↑さよならクタビーチ~~~~~~!!
最後にサンセットを見ようと思ったらすでに終了していた・・・。w
ツアーだと「さよならショッピング」みたいな強制買い物コース付だったりするけど、
現地の行きの車とかで「ショッピング行きたくない」と言えば行かないで済む事もあります。
ダメな場合もあるけど、今回うちらは行かずにOKでした。
その分お迎え時間も遅くなるので、ゆっくり遊べます。

ングラライ空港
↑空港の中も、最後の最後までバリモードで素敵。
あっという間に空港。
空港に入る時に「バイバイバリー!」としょんぼり言ったら、
現地スタッフに「そんな時は『また来るよ~』って言うんですよ」と言われました。
あーん、スタッフさん、名前は知らんがいい事言うなあ。

そしてラッキーだったのは、行きも帰りの飛行機も3人席を2人で座れた事。
隣の人がいないって幸せ
でも深夜のフライト→朝に成田着は本当にしんどいよ
機内でイチャイチャするのも最初の5分だけ、あとは眠くてそれどころじゃない
あんだけ「帰りたくない」と思っていたのに、飛行機に乗ると「早く着いてくれー」と思ってしまう・・・。
477成田についちった
↑成田に着いちゃった。(涙)
行く前は「到着したらそのまま千葉で波乗りする?」なんてM君は言ってたけど、
布団じゃないと熟睡出来ない私は、そんなの自殺行為で大人しく家に帰りました。
ちなみに日本に帰って最初に食べた物は、M君ち近所の「くるまやラーメン」。w
餃子美味しかった~。ww



長い旅行記事となりましたが、読んでくれてありがとうです。
もう5月も終わりそうだというのに、やっと終了Bali日記。

なんとか今月中に終了したかったのだ・・・w
当初の目標の、
「えび→自滅して泣かない。」→むふふ、今回1度も泣かなかったワイ!V
嬉しかったり感激して泣きそうになった事はあったけど、涙はこぼれず。
風邪で瀕死の時は涙すら出ず。ww
「M君→物をなくしてこない。」→え~・・・、これは残念ながら・・・。w
早々にカメラのキャップ(蓋って言うの?)をなくしていました・・・。ww
ま、これ位はよしとしましょう。
ずっと頑張ってくれたからね、あなたと一緒でよかった、感謝。
そして。
いつまでもバリが素敵な国でありますように。







海外旅行保険のAIU


<>全世界約4200都市、約50,000軒のホテルを掲載!
スポンサーサイト

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/30 09:27】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(34) |
Bali15*チュチュカンと怪しいDVD
Bali15*チュチュカンと怪しいDVD
無料コミュニティアドちぇき!
HP制作・商品・マーケティング・集客、全てそろったプランが登場




5月2日、今日でガイドは本当に最終日。
今日は何日だっけ、と思っていたのに、いつの間にか旅行10日目。
この日はバンチョーもびっくりな予想以上のサイズアップ。
前日行こうと思ってたポイントはトリプルだって。
もちろん無理~っ。
急遽バンチョーおすすめの場所へと車をとばします。
0343054
↑モリモリっとした緑が続く道。
バンチョー!
↑今日でガイド最終日なので燃えてます!
アグン
↑アグン山。
いつかブサキ寺院からアグン山を見たいな~。
向かう先にはいい波が!、と思っていたのもつかの間、バンチョーの友達から「そっちは波が悪いらしい」との連絡が。
くそ~、残念無念のUターンで、結局決めたのはチュチュカン。
370ヒクヒク
↑また来たよ~、と昨日のワンコにご挨拶。
ワンコは私フィンガーテクにお股をヒクヒクしとりました。w
360チュチュカン
↑着いた頃の波。
364チュチュカン
↑潮が上げてるうちにパヤッっと入らなければ。
引いたらリーフが怖いよ~。
358sddl
↑そしてワルンのちびっこは電話でいたずら。w
とってもかわゆい女の子でした。
サイズは肩位でセットは頭位。
ブレイクポイントはめちゃ浅なので、しっかり最後まで乗らないと…。




波乗り26@苦手なチュチュカン
この日は変な波で割れる位置が急に変化したり、サイズなくなった?、の後に突然炸裂パーチータイムとか。
しかも前半はクラゲに刺されたよ・・・浅いせいなのか水温もすごく高かった。
だからクラゲもいたのかな~・・・。
なんだか地味~に気が抜けない。

むむむ・・・。

私は後半、この難しい波に四苦八苦
2重にしてたはずなのに、またまたフィンは取れちゃうし、
潮が引いてきた頃に波から落ちて浅いリーフを転がり、ケツが10個位に割れたかと思い。
ヒーヒー半泣きでリーフから逃げ出そうと思ったら、上からバンチョー振ってくるし…。w
ドルヒンしたくても浅過ぎて潜れない。
後半は打ちのめされ、あっという間に戦意喪失、『もういいもんっ』と半泣き状態で上がりました。はい、すいません、弱いです・・・弱過ぎ。
リーフは波がいいから好きだけど、こうゆうのは怖いなぁ。
地元っ子でバンチョーの友達サーハーも転がってました。w
ワルンでお互いのケツを心配し合い、ウニが刺さってない事を喜び合い。ww
M君はそれからしばらく入ってました。
なんだかんだ言いつつ、こうゆう時は根性見せるな~。
結局そうゆう人が上手くなるんだよな。
うむ。
369skisdd
↑その頃、ちびっこは水遊び。(下半身はもちろん裸・・・)
372ssw
↑バンチョーはM君の板をチェック中。
M君の板はなぜだか(私には分からないけど)地元っ子によく褒められていました。
「コノイタイイジャーン」とか、「イイネ~、サイコーヨー」とか。



この日、午後はどこも波がイマイチなので、2R目はあきらめる事に。
バンチョーお勧めのお店で地元ランチをし、ラスティーの大会観戦へ。
毎度海に行く時は「お金はいくら位持ってけばいいんだろ」って思うけど、
帰り道に買い物の予定とかがなければ、
ランチ代、呑み物代、ボート代を含めて日本円で2千円もあれば十分かも?
節約しようと思っても飲み物は沢山飲んでしまうし、アウターリーフだとボートは乗るし。
多く持ってても平気だけど、盗難の事も一応考えて大金は持ち歩かない方が・・・。
そして部屋のトランクもしっかり鍵を。
M君のトランクはダイヤル式なので、前回も、今回(残念ながら)も、開けようとされた形跡がありました。

384sfrev
↑砂浜にもチャナン(お供え物)が毎日供えられます。
ヤシの葉で作られてて、花びらやお米などが入ってます。
387zxfcf
↑みんな大会観戦。
練習だったのか、誰かのデカ波ライディングを見たけど、
波に当て込む度にギャラリーみんなが「ヒュー!」とノリノリだったのがステキでした。
でもちょうど大会は待機中で残念。
いつまで待っても始まらず。
「バリのレジェンド」という人を見たり、
プロの人を見たり(ペペンとか?)したけど、待機の姿じゃ感激も薄かった・・・仕方ないけどね。
そして、バンチョーとは今日でお別れ。
本当にありがとう、また来年会おうね!!!

一緒にキャピキャピ波乗りして楽しかったな~。
その分、お別れが寂しかったよ・・・。

393srffe
↑そして夕方は最後の両替ついでにお買いもの。
色んな店で両替やってるけど、怪しい土産物屋の奥とかで両替しない方がいいです。
きちんとお客のいるような、評判のいい両替所じゃないと騙される事アルヨ・・・。
以前金を抜いた瞬間を見て「てめー!なにやってんだー!」と大激怒して店を出た事アルヨ・・・。
日本円にすると大した金額じゃないのかもしれないけど、やっぱ、そうゆう事されるといい気持ちにはならないよ。
日本円をRpにすると大量~っの紙幣になるので、何度も数えなおそう。

M君はここぞとばかりにDVDを買いまくり。
「日本の見たいよ」って店員に言ってたら「こっちにあるから」と私だけ奥の小部屋へ。
なぜ店頭に出さない?
なぜ個室に入れるのだ??
なぜカーテンを閉めるのだ???・・・とドキドキ。

ソファーの下から布に包まれたダンボールを出し、
ニコッっと「この中から好きなの選んでね」と渡されました。
・・・ん・・・?
なんだこりゃ・・・。

日本のエロDVD~!

「ちょ、ちょっ、ちょっとー!なんで私がーーーーーー!」(日本語・・・)
と、これじゃないだろ~、とまくし立てたら、「あれ、違うの?」と大笑い。
エロビデオは店頭には出せないので、買いそうな客にだけ出すのか・・・?
なぜM君じゃなく私に・・・欲求不満そうに見えたのか?
むむぅ。
英語下手とはいえ、間違うにも程があるだろうが。
「なんでだぁー!?」と店の奥で大声を出す私に気づき、M君は「ん?どしたの?」と。
「違うだろ~」と店員とお互い大笑いして店を出たけど、・・・ま、いい体験でした。w






純金積立プラン 商品紹介

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/28 11:45】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(12) |
Bali14*チャングーチューブ!
Bali14*チャングーチューブ!
健康美人メルマガ
楽しく稼げるバイト探しは「アミューズバイト」





5月1日2R目、風を避けつつ向かうはチャングー。
それなのにチャングーに着いてみたら、こっちも風が・・・
むーん。
でもバンチョーもワルンのおっちゃんも声をそろえて「もう少しで風も止んで波もよくなる」と言う。
なんで分かるの?
細かい風予報なんて出てないのに不思議だ。
うちらは信じて待つのみです。
03240a
↑ワルンのおじちゃん(左)、笑顔が優しかったな~。
とりあえずワルン(海の家)でワンコにかこまれてお昼ごはん。
7匹位いたけど、みんな揃って「お座り姿勢」で待ってる。w
言われなくともビシッっとして待つワンコは、世界共通なのかもね。

満腹になったらお昼寝して待機。

・・・ん?

・・・昼寝の途中、大雨で起きました。
ポツポツ・・・というのではなく、一気にザー!っと降り出した雨。
スコールみたいにすぐに止むのかと思ったら、一向にやむ気配なし。
その上、ゴロゴロ、ピカピカ雷も鳴り始めちゃった
031305a
↑天気のいい日に撮ったチャングーの海岸。
一方波はどんどんよくなってサイズもUPUP、ツルンツルンで巻いてる!
すごい、本当だ、おじちゃん&バンチョーの言う通り!!!

でも・・・おいおいおいおい、雷大丈夫かよ~。
「大丈夫だよ~」というバンチョーを信じて入水ですっ。



波乗り25@チャングー
サイズは頭~オーバー位。
前回の入った時よりも断然波はいいけど・・・雷がどうなの?
ワクワク、ドキドキとは、まさにこんな状況のことかしら。
沖に行くとうちらの他に、日本人男子2人と、オージー4人。
レギュラー、グーヒー両方割れているけど、レギュラーの方がパリッっとしてて長く走れるみたい。
頑張ろうね~、とM君と沖で話していると雷が光りまくってる。

こ・・・こわい・・・。

波のうねりが来るとイヤッホー!、ってニコニコ乗るんだけど、
雷が海に落ちた瞬間まで目撃してしまい、うちらの恐怖心は最高潮。

「今落ちたよね・・・」と言い合う日本人。
「出なくて大丈夫ですかね?」と日本人男子に話しかけたら、
「いや~、やばくなってきましたね!
死ぬ時はこのメンバーで、一緒にバリの海に散るしかないっすね」と・・・。

確かに・・・。
怖くて上がりたいけど、それ以上にどんどん波がよくなってくるんだもん。
死ぬのはイヤだけど、この波を諦めるのはもっとイヤだ!!
(・・・とあの状況にいたら思ってしまった・・・本当は危険だよな)

が・・・頑張るぞぉー!(泣)

雷雲で暗くなる空の下、サイズアップした波はどんどん掘れてバレルががっぽり。
アウトに戻る時に他の人を見てると、テイクオフしてボトムに降りたと同時にチューブイン率高し!
M君もバンチョーもかっこいいー
M君は来た頃より、ピークを陣取る気合いが感じられるようになったかも。
NEWボードにも慣れたのかもね。
よしよし、いい感じだっ・・・と思ってた頃、なんと一緒に海に散るはず(?)の日本人男子は上がってしまいました。
そりゃないよ~、死ぬ時は一緒だと思ってたのにー。

バリの神様、雷がここに落ちませんように・・・・。



目の前の波の魅力に負け、雷サーフは続きます。
コンスタント(?)に光り続ける空。
空の色も海の色も変わってきて、境目がよく分からない。
ギリギリまで波のピークが分からないままパドルする私に、バンチョーは「もっと左、左~」とギリギリまで見張ってくれてました。
お陰で楽しめました、ありがとー!
普段ならびびって乗れない波も、バンチョーのお陰でどぶさらい状態にならずに済んだよ。w

怖いのと楽しいので、頭がどうにかなっちゃいそう。
M君はピークで「あちゃ~」って目を覆いたくなるような失敗をしても、やめずにピークから果敢にテイクオフ。
男っぷりが上がりましたね~
むふ。
そして私もやっとセットの波を乗り、パコッっとチューブに入れました!
すっごくすっごく嬉しかった。
見てたM君が「乗ってるえびが途中で消えた」って言ってくれた時は泣きそうだった。
ちゃんと見てたM君、あんたエライよ!!!
バリに来て本当によかった、この波がバリでの1番の波になりました。
今回バリで楽しい波には乗れたけど、この日まで「これだ!」って波に乗れていなかったのだ。
嬉しい1本で全部チャラになっちゃうような気持ち。
やっと納得の波に乗れて嬉しかったので、自慢させておくれ。w
きっと前日のマチャドのパワーが海に残ってたに違いない!
マチャド、ありがと~~!!w
雷に負けず入り続けてよかったな~、バンザーイ!!
チャングー010
↑波の写真は撮っていないので、チャングーの波の写真を借りてきました。
どうせ借りるなら、と波のいい時の写真です。
チャングー011
↑チュルチュル!
またいつか、こんな波に乗りたい。
そして帰りは大雨の中、ワイパーが壊れて動かない車で帰宅。
「なんで動かないんだよ~」「見えね~」と3人で大笑い。



そして夜ご飯はホテルに併設されてるパパスカフェで。
032904a
↑いつもここから「美味しそう」と思ってたので。w
これはホテルから前の道に出る通路、ゾウさんがジャバーっと。
0307ad
↑一緒に頼んだパイナップルのカクテル、すんごい美味かったー。
M君はやっぱりビンタンビールが呑みたいらしい。
(そしてビンタンTシャツ・・・。w)
031705
↑やっぱり海老だよな~。(しみじみ・・・)
0318asd
↑そしてパパスカフェといったらこれでしょ、のボルケーノピザ
写真の準備はいい!?、みたいな事を言われるので、すかさずM君立って準備。w
ファイヤー!
「わーい」と子供のようにはしゃぐ32歳2人&「すげーだろ?」とはしゃぐ店員。w
近くの席の日本人カップルもこのピザ頼んでたけど、うちらのように写真も撮らず、はしゃがずでした。
せっかくだから騒げばいいのに~、と思ってしまったよ。
(ドームを切り取ると普通のピザなのですが。)

そして予想通りに食べきれるわけもなく、テイクアウト(明日の朝食)にしてもらいました。
美味しいご飯で満腹じゃ。
ふへ~、これで熟睡出来そう~・・・
「夜はあそこと、あそこのクラブに行くんだ!」って出発前は思ってたのに、結局行かないまま。
1日動くと夜はぐったり眠くなっちゃう、やっぱりもう年なのね・・・。






海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー

ENEOSカード

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/27 09:56】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(16) |
4年目の開設記念日
4年目の開設記念日
ヒューマネットで派遣スタッフ登録しよう!
『速楽アフィリエイトパック』




5月26日月曜日です。
この週末は海ナシでした。
私は生理真っ只中でぐったり、
M君は日曜も仕事で、夜中から大阪というハードスケジュールの為。

「じゃあ1人で行くか」と思う時も過去にはあったけど、今回の私は道具も取りに行かないといけないし、
ガソリン代も高いし、(旅行後の貧乏を引きずる)なによりも気合い入ってないし・・・、というヘタレさ。
むー・・・。

ま、ガクともゆっくり遊べたし、その分は次回楽しめればいっか。
M君にカメラを借りたのでパチパチと撮りました。
0526 500
↑いつもの散歩コース。
ここは田んぼに囲まれてるので、リードを外して散歩する人ばかりです。
他のワンコが来ても、遮る物がないのですぐに分かるし。w
ガクの左の方には白鷺が。
0526 512
↑あぜ道パトロール中。
・・・と見せかけザリガニを探しているだけ。
0526 519
↑すぐに私より先に行くくせに、私が先に行くと焦る。
0526 0536
↑楽しかったー★
(げふっ、と水を飲んだのだ)
0526 0568
↑なんで今日はカメラ持ってるの?
えび「M君に借りたからだよ~。」
ガク「じゃあビシッっとお座り撮ってー!」
0526 534
↑今度は我が家のパトロール。
0526 488
↑飽きたら眠くなる。
ホームセンターに行って、ガク用のすだれ、虫よけなどを購入。
影を沢山作ってあげないと夏を越せないしね。
昼寝がいっぱい出来るようにしなくては。
0526 576
↑夕方散歩。
夕日が田んぼに写ってきれい。
向こうには私の通った小学校も見えるのです。
夏が待ち遠しいけど、この時期がカラッっとしてるし1番好きかも。
0526 577
↑きれいだなぁ。
0526 581
↑今日もいい1日でした。
そして5月24日は、

BLOG4周年記念日でした。

(・・・と言いつつ土曜日なので更新をしなかったのだけど。w)
わーい、わーい、おめでとう。
去年の記事には、大好きなプルメリアのお花を飾りました。
今年は基本に戻ってガクの写真の記事で。
最近はPCをのんびり開く時間が減ってきたのですが、どうにかまた1年。
うむ、よく頑張りました



去年は、来年の自分へのいくつかの質問がありました。
1、セミドライを買い換えて、冬も頑張って海に入りましたか?
はい、買い換えて越冬しました。
新しいウエットの保温力はすごいね。
逆にボロドライで越冬した去年の自分を褒めたい位だよ。ww

2、まだ、もどるフィンしてませんか?
・・・はい、結構してます・・・。
でも1ミリ位だけど、きっと前進してるはず・・・?(と思いたい)

3、ロングは人の邪魔にならないようになってますか?
う~ん、それ以前の問題なのでは。(滝汗)
でもロングのお陰で、どんな波の日でも海が楽しいと思えて感謝。

4、天気図は読めるようになりましたか?
・・・分かりやすい天気図だけお願いします・・・。

5、ちゃんとガクちんと遊んであげてますか?
はい!
ガクもこの1年色々あったけど、いつも額の笑顔で癒されました。

6、車は買い替えしてるのですか?まだボロエスティマ??
はい・・・ボロですが・・・。w

7、行きたかった旅行には行けましたか?
行きたかった所には行けなかったけど、バリには無事に行けました。
いつかまた機会があれば計画したいな。

8、その頃所長は退職していますが、仕事はどうなりましたか?
所長は期間延長して、いまはまだ働いています。
でも今後の仕事、どうなる事やら。
最近は「次の更新で辞めたい」と思うようになっちゃった。><

9、M君とはいい関係を築いていますか?
はい、彼は私の父であり兄でありワンコであり酸素。




・・・という感じです
1年あっという間だけど、こうやって振り返ると長いのかも?
来年には具体的な質問はせず、「今年が今までで1番いい年になった」って思えるようにしたい。
そのためにはまずは今日も1日頑張れよ、って事だな・・・。
はい、頑張ります!!w






『速楽アフィリエイトパック』


DLPダイエット

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/26 11:24】 | **おしゃべり** | TrackBack(0) | Comment(32) |
Bali13*カラニとチュチュカン
Bali13*カラニとチュチュカン
ヒューマネットで派遣スタッフ登録しよう!
資産運用の学校『デジタルアカデミー』




4月30日は、のんびりノーサーフの1日でした。
昼まで朝寝坊して、波チェック。
クタビーチはいい波じゃなかったから、そのままじゃらんじゃらん(散歩)。
旅行先でゆっくりする時間って1番贅沢なのかもしれないな~。 
0275aa
↑昼間ゆっくりするのって、なんだか新鮮。
ガッツリ海に入るのも、のんびり過ごすのも、M君と一緒だと楽しくていいな~。
(しかも荷物も持ってもらえるので手ぶらで楽チン!!わーい!!)
お互いの行動パターンが読めるからなのかなあ。
そういえばイチャイチャ旅行なんだっけ、と思いだす。
0278aaa
↑そしてこの日の戦利品。
パジャマがわりのワンピや鍋敷き、お姉ちゃんのお土産のアタのバッグを買いました。
汚れても水で洗えるので便利だし、浴衣や着物にも合うのでお土産にはいいのだ。
(お姉ちゃんは着物をよく着る人なので喜んでました~)
このアタのバッグは1,500円位で安いよ、汚れても水で洗えるので便利。
これを日本で買うと、一気に高くなるのだよね・・・・。
そしてM君はサーヒンDVDをまたお買い上げ。
1枚10、000Rpだから、100円位で買えてしまう。
LOSTとかも6枚セットで50,000Rpでした。
オージーはもちろん買いまくってた。
私は英語の出来ない自分を恨んだね・・・。(日本語訳はされていない)

そして、夜はバリ好きな人達と会食をし、ワインでデレッっと酔っぱらい、マグロに大感激の夜。
バリの鮪は絶対美味いよ!!
バリで捕れるマグロはインド洋で捕れ、日本も輸入しているくらい有名なのだ。
ちょこっと焼いた鮪のステーキもいいんだろうけど、やっぱ刺身で食べたいとこ!
食べる価値ありですよ~。






5月1日。
「1日中サーフガイドしてくれなきゃ意味ないじゃん」と、ライ君のガイドを断りました。
彼もいい人だったけど、うちらの目的と違うのでキャンセル、ごめん。

その後キナに再度ガイド依頼で、キナ軍団ガイド復活です!
国際キャッシュカード作っておけばよかったなー予算繰りが甘かった・・・。
クレジットカードでキャッシングしようと思ったら、英語が複雑だし、画面の選択肢が多過ぎでお金引き出せず。
とほほ。

そして朝、ロビ-にもう会えないかも、と思ってたバンチョー登場!
お互い『また会えたね~w』と再会を笑いつつ、喜びつつ出発デス
車の中でバンチョーが『昨日チャングーでマチャドがいたよ!』と。
え~!見たかった~!!!!!
うちらもプロサーハーと会えればいいなぁ、とワイワイ。
話しながら着いたサヌールでは、波チェックしたら、なんだかとてつもなくデ~カ~~~~~イ!
しかも土管のように巻いてるぜ・・・。
浅いリーフに叩き付けられるのは嫌だし、ギロチン状態を再現するのはいやです・・・。
うちらには恐ろしいので(もちろんバンチョーは余裕だが)
次へ向かおうと走り出した直後、なんとっ道にっ!!

カラニロブを発見!!

M君とバンチョーが同時に『あ!カラニだ!』と叫んだ途端、
『声かけるしかないべ!』と働いた私の脳ってスバラシイ!!w(当たり前?)
だけどあまりに必死だったので、(発見してから通り過ぎるまで一瞬だったのだ)

「う~~ぅにゃぁぁ~~~!」

とカラニに手を振り、よくわからん鳴き声しか出ず
でもこんな鳴き声にカラニはこっちを向いて『おー♪』と手を振ってくれましたっ。
わーんっ、大感激~
3人で大興奮でした
怪しい声にも答えてくれて、カラニ優しいな~。w
ほくほく気分で移動だっ



1R目、クラマスで入ろうと思ったのに、満員御礼状態。
それじゃあという事で入ったのがチュチュカン
波乗り25@チュチュカン
波は胸肩位で、なんだかパリッっとせずに・・・なんだかイマイチ。
でもこの時は、コンディションの合う場所がなかったので消極的な決定デス
とりあえずサクッっと入るべ。
0294aa
↑ガクに似たワンコがいたのでパチリ。
触りまくっておいたら、海から上がった後も「おかえりー」と来てくれました。V
チュチュカンは、去年Kenjiさんに写真を撮ってもらったポイント。
M君はウニが刺さり、私も未だに抜けないウニがフィンに・・・。
むー、なんとなく苦手意識のあるポイントです。
でも頑張るべよ。

波は「思ったより楽しいね~」・・・な無難な感想
セット以外は「ここは千葉か?」といった波でした。
(かといってサヌールの土管チューブも無理だしね~・・・・)
むーん、残念。
中途半端な自分にもがっくり。
カラニに会って、運を使い切ってしまったのか?
沢山乗れたし、日本と比べたらとってもいい波には変わりないんだけど、
モードがバリ波モードになっているので、物足りず。

風も吹いて来ちゃったので、2R目は逆の海岸に移動だー!






【送料無料】期間限定のお得なセット!


中川屋カレーうどん

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/23 10:20】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(18) |
Bali12*ウルワツ
Bali12*ウルワツ
転職サイトなら転職EX
派遣の仕事探しはガールズウーマン




4月29日のつづき。
午後はどこで入るべ、と考えるより先に、なんとライ君は夕方から仕事だという。
(ちなみに本職はインターネットショップでした・・・)

はぁ!!??

ガイドの約束したのに??
なぜ悪びれずにサラッっと言えるのだ??

「エンドーがいるし」と思ってたらしいのだけど、一緒に海に入るサーファーガイドじゃなきゃ意味なし。
うちらは観光ではなく、波乗り中心でお願いしたってのに。
むー・・・、やっちまったか?
でももう遅い。
今から「じゃあ私ももう帰る!」と怒ったって意味ない時間だし。
仕方ないので、エンドーにウルワツ見学へ連れてってもらいました。
(どうせどこか行くなら遠い場所へ行こうと思う、セコイ心・・・)
バリ地図a
↑ウルワツって左下のここらへん。
クタエリア(空港の上の方)からは1時間位かかってしまいます。
世界でも有名なウルワツの波、まだ見たことがありませんでした。
グーヒー大好きな私にとって、どえらい場所なのだ。
今の時期は波は大きくないとはいえ、見る価値ありなのでは。

階段しんどい
↑車を停め、駐車場からどんどん階段を下っていきます。
行きは嬉しくて足取りも軽かったけど、帰りは逆で心臓痛かった~・・・。
ウルワツのお店
↑突然お店が並んでました。
見上げるとホテルなんかもあって、眺めはすごそうだな~。
ウルワツ来ました
↑そして、ついにやってきたよウルワツ!!
最初は「波小さくない?」、「入れば絶対乗れるよ」と調子こいて見てたんだけど・・・。
巻いてるー!
↑よく見てみるとピークの端から乗ってるのに、テイクオフ直後チューブだし!
しかもサイズも頭あるじゃん。
むーん・・・パリッっとどころか、バリバリッっとしてるー。
これで波の小さい日だとは・・・恐るべしウルワツ。
でか!
↑右をチラリと見ると、こっちもパワーありそう~。
しかもよく見たら、乗り継いだ先は大きい岩があって極浅リーフ。
プルアウト出来なかったり、巻かれたらどうなっちゃうんだろぅ。><
激浅だし、うまくプルアウト出来なかったら・・・想像したくない・・・。
クラクラ・・・
↑下を覗くとクラクラ・・・。
岩の周りのカレントもきついんだろうしな~・・・。
ここからエントリー
↑上がる人もいるけど、入ってく人も何人もいました。
(そして足をザックリ切って上がってきた人も見ました。><)

世界のウルワツだ。

入る勇気はないっす・・・私には実力が追い付かず。
万が一沖で、まぐれの1本を乗れたとしても、板やフィンが流されたら泳いで戻る自信ないよ。
流れた板が流れ着く岸すらないじゃんっ。
(つうかポイントまで無事にたどり着けるのか?)
そしてこの岩の隙間にピンポイントに戻ってくる自信がない・・・。
(パダンパダンまで流されて上陸出来たらまだラッキーか?)
うちらが見てる時も、岩間に戻れずに岩に登ってるオージーが。
うぅぅぅぅぅ~・・・・、こわい。

やっぱりすべてに自信がないと怖いな、なんてドキドキして見てきました。




で。

せっかくここまで来たし見てくか。
・・・って事になったのはまたもやケチャダンス
バリに来る度見ているような。w
ケチャは見やすいし楽しみやすいから人気もあるのかもね。
先っぽの方
↑先の方で行われます。
またもやサロンと腰紐巻いてGOです。
猿もいたけど、モンキーフォレストの猿と違って愛敬ないなー。
もっと愛らしくからんでくれ!、と切に思いました。w

とりあえず写真をペッっと乗せますー。
夕焼け
↑夕方になってくると、向こうにウルワツ寺院も見えます。
キレイ~。
160AA
↑はじまるぞー!(と言ってるわけではないが)
ちなみに、大きな木や銅像にも巻かれている、ケチャのダンサーの白黒の布。
これはウブドのニョマンさんに教えてもらったけど、
白は「神聖なもの」という意味、黒は「力」という意味らしいです。
そしてダンスは仕事ではなく、村の義務だそうです。
(ニョマンさんもウブドのケチャには出るそうですよ)
1473af
↑チャチャチャチャチャチャ・・・・。
髪をおろしていない女性は、男性役をやっています。
203aa
↑チャチャチャチャチャチャ・・・・。
242aa
↑キャー!猿ピーンチ!
245aa
↑むぉー、こんな炎は消してやるぅー!!!
(炎を蹴って消してるけど、なんと素足ですごかった)
252aa
↑チャチャチャチャチャチャ・・・・。
・・・ってちゃんとした説明がなくてすいません。w
見る時はちゃんと劇の説明の噛みが渡されるので、内容は分かります。
こんな(?)感じのケチャダンス。ww



海の横、崖の上、ってロケーションはステキだったけど、
あれ?、って場面もあったかも・・・、な感想でした。
ここウルワツのケチャは、観光客向けなエンターテイメント要素が強いかも。
それのせいなのか、ちょっと「あれ?」なのかなぁ。
観光客を意識し過ぎて、私には少し軽く感じてしまいました。
こうゆうのは硬派な方が見ごたえあるのに~、って思ったよ。

もちろん、舞踊鑑賞にも好みがあると思うので、
素敵なロケーションで楽しみたい方にはおすすめでしたっ。
終わった後は、白いお猿さんや、ダンサーの方々と記念写真もしました。
私は動揺してダブルピースしちゃったよ。ww







【今週掲載の仕事情報をチェック】美容師・ネイリストの仕事


韓国コスメ通販セレビューティー

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/21 10:25】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(12) |
Bali11*エアポートレフト
Bali11*エアポートレフト
マンツーマン指導のN-MEネイル通信アカデミー
AS会員募集中




4月29日
0092a
↑ホテルの銅像には、すべてお花がちょこんと飾られてます。
・・・もっとかわいい銅像選べばよかったかしらw
0270a
↑それならかわゆいお花の写真を。
鮮やかなお花も南国には似合うな~。
バリ日記もあっという間に記事10ケ超え。
セコセコと書く私も飽きずにすごいけどw、アクセス数がすごいです!
旅行記を書き始めてからのアクセス数が、いつもの2倍近いよ。
飽きずに読んでくれてありがとう!!
そしてサーチワードもバリ関係の物も登場してきました。
少しでも役立つとよいなぁ

この日、キナ達のガイドは一旦終了。
キナもバンチョーもユディもすっごくいいガイドで、
過去最高にホストしてもらったけど、なんせお金が続かない・・・
予定していた出費とはいえ、やっぱ毎日はきびしいのだ
(しかも突然レンボーガン行っちゃったし

という訳で。

この日のガイドは半値近い値段のライ君とエンドー。(エンドーは運転手のみ)
向かったのは、エアポートレフト



波乗り24@エアポートでガイドの差
4人で喋りながら移動している時にやっと判明したのが、
「一緒に入ろう」と言っていたライ君、波乗りを始めてまだ1年らしい。
はーーー!?
1年かよ、そんなの聞いてない!!
ガイドしてもらうつもりでいたのに、一緒に入れるわけ?

入ってる場所や波の大きさを聞くと、またまたびっくりで結構上手そう。
「みんなに本当に1年?すごい!、って驚かれるよ」との事。
むーん、どうなることやら。
エセサーファーだったらどうしよう・・・


入ったのはエアポートレフト。
(この日は海の写真ナシです、すいません)
ボート(ジュクン)に乗ってポイントまで向かいます。
0379a
↑ジュクンてこんなやつ。
一緒のボートに乗ったフランス人親子ともご挨拶し、いざ出発です。
ここは、私がバリで初めてボートに乗った場所なので、思い出ひとしお。
ポイントにつくと、ピークが3つに分かれてしまってる
1番手前のポイントは胸肩位で人が沢山なので、1本乗ってから奥の大きいサイズへ移動。
ガイドのライ君はというと、・・・パドル早いー!
つうか普通に上手いーー!!

キナ達と比べればさすがに劣るけど、
そこらへんにいる日本の「10年やってるぜ」のサーハーよりも上手いのでは?

恐るべし・・・、確かにオドロキだ・・・。



奥のポイントはバリニーズとオージーだけで、空いててサイズも大きめ。
どうしてみんな来ないんだろ?
ここはあまり巻くような波は来ないけど、それでも私には怖さ充分。
私は端っこキープで(ピークは恐ろしい・・・)、
セットが来ると沖に逃げるだけで必死で、なかなか乗れず。

なんとかみんなが乗りこぼした波を端からテイクオフ(ヘボくてすまん)
クラマスよりも怖かった~
でも、乗るとフェイスが広くて、とーっても気持いい。
端から乗っても私には十分なサイズでニコニコだったよ。
後でM君もライ君も褒めてくれたライディングは、この日1番必死な波で笑顔ナシでしたが。w



ライ君はひょいっと乗って、また「あれで1年かよ」と思いつつ~、
同時に一緒に遊ぶだけで乗らせてあげようとゆうサービスはなし?、と思いつつ。
M君はピークで頑張ってたので観察。
乗りそう!・・・、と思ってもバリサーハーが前乗りしちゃう。
え、そりゃないよ~。
お、今度は乗ったぞ!・・・、と思いきやまた前乗りされる。

むー・・・、M君てばちゃんとヘイ!って言ってるのかしら。
(怖くてピークの近くに行けないので分からない私・・・)
オージーが乗ってもほぼみんな前乗りされまくり。
フランス人親子も同じくで、子供のBB高校生にも容赦ない。


そりゃないよー。

(私はほぼ1番端っこにいたので、前乗りすらされずw)
みんな乗りながらヘイ!って怒ってたけど、シカトでした。
ちゃんとしたサーファーガイドが一緒じゃないと、こんなもんなのかな。
キナ達とはどこに行っても、サーファー友達がいっぱいだったのに、
地元サーファーネットワークの輪にまだ入ってない(であろう)ライ君じゃ厳しいのかしら。
こんなの初めての経験・・・とほほ。

ライ君は話やすくて、私の本能アンテナではとてもいい人なんだけど、
本物のサーフガイドとの差は歴然だな~・・・
(もちろん本人には言えなかったけどさ)



2時間近くたった頃、ジュクンが迎えに来ました。
行きと同じでフランス人親子と一緒に帰ります。
ジェットボートは部品に足をかけて(どうにか)登れたけど、
のっぺりしてるジュクンに上るのはとっても苦手・・・
だって、上に手を伸ばしてやっと届く船に、どうやれば登れるのさ。
斜めけんすいだって少ししか出来ないのにー。><

まずはBBに座って目線を上げよう、と思ったけど、やっぱ無理。
フランス人パパ&ライ君が既に乗りこんでいたので、
結局去年と同じように、まぐろの1本釣りのように、船に引き揚げられました・・・。
フランス人の高校生(らしき)息子は、ヒーヒーと大笑い。
くそっ、お前だって引き揚げられてたの見てたんだからなっ
ちょほほー。



その後はアウトレットのサーフショップによってもらいランチへ。
去年よりアウトレットのお店が増えたような気がするな~。
こうゆうのが流行ってるのかしら?

0096a
↑ランチはこの店へ。
地元の人が食べるとこで食べたい!、というリクエストに応えてくれました。
地元以外の人は一切いなくて、後からジャワ島からの団体客がバスでご来店。
手だけで食べるあの技、とっても上手でオドロキでした。

私はナシゴレンを注文。
みんなでシェアした魚も、「真っ黒で食えんの?」、と思うような魚もとっても美味。
ナシゴレンも、空芯菜もうまうま。
ぷはー、満足満足
午後も頑張るか。
0260aaa
↑今日の戦利品。V
アウトレットショップは激安でした。
ワンピは700円位だった~、キャッホーイ。
水着も1500円位でウハウハでしたっ。





生命保険比較の保険市場

アテニア『トライアルセット』キャンペーン

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/20 10:18】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(10) |
波乗り30@鵠沼と写真展
波乗り30@鵠沼と写真展
国内旅行・ツアーならJALツアーズ
ミスパリエステティック専門学校



バリ島日記はお休みして、週末日記。
土曜はガクの血液検査の日でした。
検査結果は良好だったし、
なによりも10年通って始めて(!)待ち合い室で「よっこいせ」と座ったのだ
いつもはドア前を陣取ってウロウロ&オロオロ。
常に緊張状態で立ちっぱなしだったガクにとって、大きな変化でした。w

やっとこの日がっ。

うぅ、よかったよぅ。




夜からは鵠沼のお友達コノタンカップルの家へ、ウエット&フィン持参で電車DEお泊り
生しらすをいただいちゃったりしてウハウハな夜。
この時に聞いて始めて知ったのが、しらすって『しらす』という魚ではないんだね。
常識なのかしら?w
ずーっと勘違いしてました。ww
イワシ類の稚魚(子供)の総称らしいよ、ひとつ利口になりました。V

エンジンかかって、お互いの旅行の話をしたり、写真を見たりしてたら夜中3時過ぎ・・・。
(久々に化粧も落とさず寝てしまった
結果、翌朝なんてちゃんと起きれるはずもなく、入水はぐうたら昼からでした。w
思いっきり寝坊したのに、朝ごはんは優雅にのんびり食べたしね・・・。
頑張るぞー!
↑頑張るぞー!とコノタンカップルと。(板は持参せずに借りたのだ)
そしてM君は、最初はBBでのDK入水。
彼は何でも器用にこなすので尊敬しつつも、BBはそんなにうまくならないで欲しかったり・・・。
だって、今まで私が何年もかかって頑張ってきた事が、あっさり出来ちゃうと悔しいじゃん?w

家からぺたぺた歩いて入水出来るのは楽チンでいいなぁ。



この時の波情報では腹胸~肩。
水温は千葉と変わらなかったのに、薄着の人が多くてびっくりでした。
思ったよりちゃんと波数もサイズもあったけど、つながり気味でトップからジャバジャバ崩れる波でちょいと残念
フェイスがパリッと張らない波で、すぐスープになっちゃう。
私がちゃんと上手くなったら、どんな波でもひょいひょいって乗りつげるようになるんだろうなぁ。
きっと私は波に贅沢になってるのかも・・・。

でも久々に仲良しカップルとの入水でご機嫌でした!
狙ってる・・・
↑シャッタチャンスを狙うKんちゃん・・・。
パドル!
↑最近ショートのような形のファンボードにはまってるKんちゃん。




そして夕方からはけんちゃんは休日出勤しに行き、
えび、M君、コノタンの3人はblog友達の、だいちゃん、ひろききチャンの参加してる写真展へ。
「写真展おめでとー!」とかけつけるはずが、まんまと道を間違え小走りし汗だぐで登場・・・。
大騒ぎで来場しちゃってすいませんでした・・・。(;´Д⊂)

普段私もデジカメやら、携帯の写真をパチパチしてるけど、とてもいい刺激になりました!
人によって見える景色って違うんだろうな~、とか再認識したりして。
そして人によって「らしい!」って思える写真なんだな、
撮る写真も、見える景色も、個々に「らしい!」って思えるものが出るんだな~、って。
私も私らしい、いい写真が取れるようになればよいな~。
帰りはお見送り&道案内ありがとう!
お陰様で、中華街ではブタ饅を3種類も食べて帰りました=3
お腹いっぱい過ぎて、うちら3人はヨロヨロでした。ww






大人のためのリゾートクラブ「湯悠くらぶ」

全国対応!N-MEネイル通信アカデミー

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/19 11:07】 | **波乗り** | TrackBack(0) | Comment(20) |
Bali10*レンボーガン島へ
Bali10*レンボーガン島へ
ELFEの自然派化粧品
海外で夢を実現!どんな留学スタイルでも相談に乗ります!




4月28日
この日の波乗りは、レンボーガン島まで遠征してきました。
私がぶっ倒れた夜に、みんなで日にちを決めたのだ…。w
メンバーはいつもの4人と、同じ船になったマスターさんカップル。
852
↑サヌールからジェットボートで40分位。
荷物を詰め込む作業もワクワクなのだー。
キナは予定があったので、お見送りです。
354aa
↑バイーンっと向かいます。
878
↑この日のガイドはご機嫌バンチョーと、
(腰パンはいいけど、股間見えそうじゃね?w)
860
↑ご機嫌ユディ!
二人共キナがいない方がはしゃいてで、のびのびしてない?w
キャピキャピしながらレンボーガンへGOなのだー!
どんどん遠くなる本土にウキウキワクワク。
海から見えるアグン山もまた素敵。
前日の観光の日、ガイドさんが教えてくれたのは、
『北東の位置にあるアグン山は、神様が座る山と言われ神聖な場所です』との事でした。




ここがポイントだよ、と教えてくれたけど波は小さめで腰胸位。
がっちょり…でも仕方ない
887
↑これはその時のセットの波ちょいとダラダラ~・・・。
潮の上がる時間になればサイズもアップするはずだから、
上がる時間に合わせて入るべ、という事で…。
39
↑まずはシーウォーカーやって待ちました。w
インストラクターが1番綺麗に撮れたよ・・・。
私は調子こいて餌を一気に&大量にまいてしまった為、周りが濁って餌だらけ。
魚は寄りまくりだけど、持参した水中カメラの画像が濁りまくりだった・・・。

またやる事があれば、餌をまく前に撮ろうと思いました。w




その後、潮が上げる時間までじっくり待つべきだけど、
早く波乗りしたいうちらは『まだー?』と待ちきれず。
「まだ波小さいよ~」と言うバンチョー&ユディの助言も耳に入らず。

暑いし入っちゃいます!

波乗り22,23@レンボーガン
小波と言いつつも、後半の波は肩から頭近くまでやってきました。
これが日本なら大混雑なんだろうな~、なんて。
61
↑透明度も抜群だっ。
波待ちエリアの水深は2~3メートル位あるのに海底が見えました!
(乗り継いでいくと腰位の水深の浅さなのだけど)
途中シュノーケルマスクで波待ち中に海底観察をしたら、魚がわんさかいた。
そうこうしてるうちに、後半は潮の通り、どんどん波がよくなってきた。
ひゃっほーい、テンション上がるぅ
がっぽり掘れる波ではなかったけど、とってもいい波。
みんなニコニコ乗ってる。
特にきのこちゃんは、大会でバリの航空券をゲットした位なので上手!
ユディはエアーし~の、360度回転して~、って、とにかくかっこいいー!
こりゃ~、おいらも頑張らねば。
ニヤッとテイクオフして、技をかけるのも怖くない!
チャングー、クラマス、ハイアットリーフでは
乗ってカットバックする位が精一杯の勇気だったのに、この波では技も成功★
バリに来てよかったよぅ~。

もう疲れた~、って上がる頃にはサイズアップ&パリッっと
上がったのを少し後悔したけど、体力の充電切れ。



一旦陸に上がってランチタイム。
024
↑リゾート地っぽくね?
ここのレストランでみんなでお昼を食べることに。
018
↑どれにするかメニューとにらめっこ。
海外って、日本と違ってメニューの写真が出てる店って少ないよね?
気のせい?
どうゆう料理か必死に頭をひねって英語を解読中・・・。
そしてこの店、恐ろしい程出てくるのが遅かった。
同じジュースを3つ頼んでも、1つは30分位たってから来るとか。
まずは飲み物、の1発目なのにだよ?
「いいから飲み物だけでもくれー!!」と最後は死にそうだったよ・・・。
なぜ一緒に作らないのか・・・。

0004
↑日蔭は涼しく、日なたは灼熱地獄。w
そして過去最高ハエが飛びまわっていました・・・。ww
のんびりしたら、2R目行きましょうー。




2R目の波は、1R目よりも小さめの波。
セット以外は胸位しかなかったかも
波の大きいポイントは30人位いたみたいで、それはムリだし。
ピークがはっきりしてるのに、30人てありえんょ・・・。

潮によって大きく変化する波は仕方ありません。
せっかくのレンボーガンだし、入るべー!
035
↑海にジャンプ!、のバンチョー。
かなり高く飛んでます~。
037
↑同じく海にジャンプするぞっ、のユディ。
038
↑・・・ユディ着水。w(カエルみたいじゃん~)
私も撮ってもらったけど、肝心のジャンプの瞬間が撮れていなかった。
むー。
せ~の、ってなってる姿勢は、お股の絆創膏が丸見えだったし・・・。w
なかなかパリッっとしない波だったけど、のんびりワイワイ。
この時夕方近かったので「このままサンセット見ちゃう?」なんて言いながら。
(船に乗るのでそれは無理
セットの波が来るのがギリギリまで分からずで、とても難しかったな~。
バンチョーやユディが「波くるよ」と言ってくれるけど、「は?どれ?」と思ってると突然ボワッっと来るセット。
私には見えないものが見えているのか?
65aa
↑水中カメラ持参で入ってたくせに、撮ったのは上がる時だけでした。w
レンズがワックスで曇っちゃってるしー。><




レンボーガンでは「こりゃすごい!」ってゆういい波には当たらなかったけど、
遠征気分と水のキレイさ、ボートでの波チェック移動が楽しかった。
行くならワイワイ仲間がいた方が盛り上がるかもね。
0053a
↑関係ないけど、帰りのホテルへの車の中から撮った写真。
タクシーの運転手さん達がご飯中でした。
撮ってるよアピールで手を振ったら、右のおっちゃんが「おい、撮ってるぞ!」とナイスなカメラ目線を。w
0063aa
↑またまた関係ないけど、ユディとホテルでパチリ。
ユディは大会に出る為に、うちらのガイドは最後かも・・・って事でパチリと。
「このお花がかわいいよとお花を髪に飾ってくれたのだ
キャーーーーーー!
とーきーめーくぅーーーーー!!
恋にどっぷりはまった瞬間だよ・・・ポッ。

ゆかりんも、きのこちゃんも、
「もうキナはいいからユディだけに会いたい!」とユディはモテモテ。w
つうか、キナすまん。ww

ユディに会えなくなっちゃうなんて、ほんと寂しいな~
ちなみに大会は、波のサイズは頭位あるというのに。ウェイティング中だったのだ。
「こんなにサイズ小さいと、大会出来ないよ」とユディ。
そのサイズで毎度必死な私って・・・とほ。

そして夜はちょいと買い物へ。
083a
↑本日のうちらの戦利品。V
そろそろ日焼けが辛くなってきたので、長そでラッシュを買いました
バリの海では不吉な緑色だけど、気にしていられませぬ。
腕がヒリヒリ、ポッポしてしんどい・・・。
M君は猿Tシャツに合わせるハーフパンツを。(ウソ)
00065aaaa
↑そして夜は部屋で日焼けのお手入れ。(猿T・・・)
今回、金のアネッサを1日に何度も重ね塗りして、
夜は化粧水&クリームでお手入れしまくったら、顔の皮むけゼロでした
(体はボディ用の日焼け止めが弱かったのか、むけちゃったケド)
やっぱ手入れは必要だ。






小浜島のオールスイートリゾート


年齢を重ねた女性のための基礎化粧品“紫粋”

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/15 14:09】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(23) |
Bali9* 観光いろいろ
Bali9* 観光いろいろ
模擬デートで自分を見直す
自分らしい仕事がしたい社会人を応援します!!




4月27日、観光の続きを写真でダダダダっと、つらつらっと。
レポを書くのに少々飽きてきたので、ダダダッっと書くのだ!
バロンダンスの後はゴアガジャへ。
寺院の入口で入場料(お布施)を払い、サロン、腰紐を巻きます。
寺院では肌をあまり露出してはいけないので、入口で貸してくれるのです。
元々長いズボンを履いていくのもいいけど、昼間の気温は30度位なので、
入口でサロン借りればいいや、と足を出していても大丈夫。V

階段状になっている坂を降りていくと、見えてきます。
677
↑ちらっ。
654
↑もう本当~に熱くてフラフラしそう。
日陰を探して歩くのだ。w
659
像の洞窟と言われるシンボル。じゃじゃーん。
この洞窟の中で僧侶は断食して修行を積んだらしい。
中に入ってみたものの、恐ろしい暑さでガイドさんの説明も頭に入らず。w(すまん、風通しがない為、外より激烈に熱いので・・・)
でも本で見たものが目の前にあるだけでテンション上がるね。
ゴキゲンで次の場所へ!
681
↑この時、笑えるほどゴキゲンで写真に写っていた。w
1人で笑って歩いているワタシ・・・。ww



次に向かったのはティエタエンプル寺院
686
↑本堂に入る前に、まずはお約束の影の中での説明。w
ここでは聖なる泉の水で、沐浴が行われているのだ。
ぜひとも聖なる泉を生で見たい!!、との私の希望。
伝説だと不老不死の水なのだよ。
696
↑入るといきなりの沐浴(マンディ)シーン。
みんな静かに沐浴するのかと思ったら、家族でワイワイ、子供はキャーキャーといった雰囲気。
左から順番に1つづつ浴びていくそうです。
そして、この浴びている水が聖なる泉から湧き出た水なのだ。
そしてまたお布施を払い、サロン&腰紐を巻いて奥に入場。
お布施などはガイド大とは別料金になります。
なぜなら人によって行きたい場所が変わるからね。・・・と言っても1回100円程度。

722
↑ひとつひとつ、きちんと説明してくれます。
「日本で例えるとしたら~」とか、分かりやすく説明してくれるのだ。
「それって○○のことと?」とガイドさんに言うと、
「勉強になります、もう1度言って下さい」とメモをとったりする、とても勉強熱心な方です。
「あそこでカップルがイチャイチャしてる!」と私が言えば、「イチャイチャ・・・ラブラブのこと?」とメモってた。ww

707
↑金の見事な彫刻に感心しまくり。
712
↑昼間でも観光客がいようと、いまいと、お祈りしています。
前夜のオダランを思い出し、バリ島の方々の熱心な信仰心には頭が下がります。
昨夜と同じようにチリンチリン・・・、と鈴の音が響いていました。
そしてついに、聖なる泉の場所へ。
715
↑ドキドキ・・・どんなのだろ・・・。
(直接触れられないようになっているので、塀を覗きこみます)
716
↑じゃじゃーん、これが聖なる泉
・・・って、写真だとキレイさがうまく伝わらないのがとっても残念ですが
けど、本当~~~~に美しい水だった。
透明度がもの凄くて、確かにこれは普通の泉とは違う・・・。
不老不死の伝説も納得の泉でした。
728
↑感激しつつ、駐車場へ戻ります。
駐車場までの道のりも濃い緑に囲まれ、空気濃い!!




そろそろ時間もお昼に近づいたので、ランチを食べよう。
ふふふ・・・、食べたい場所は決まってるのさ!!
テガラランのの棚田(ライステラス)を見ながら、ガセボ(東屋)席で食べるのだ!
742
↑じゃじゃーん、とライステラス。
段々になってる感じがとってもステキ。
お約束な場所だけど、やっぱりこれを見たかったよー!
761
↑アボガドサラダ、チキンカレー(M君)とドライカレー(えび)を食べました。
そして、微妙な味と知っていても、ついココナツジュースを頼んでしまうワタシ。w
だって、このロケーションにピッタリじゃない?
754
↑M君はおかまいなしに相変わらずビンタンビールを飲みます・・・
ぷは~、満足満足。
お世辞抜きでとっても美味しかったっ、このままここで昼寝したら最高だろうな~・・・




でも、寝てる場合じゃありませぬ。
最後の場所になる、次の目指す場所へ行きましょう!
771
↑猛烈な木々の中を歩いて行くと・・・。
779
↑わんさか猿がいるのだ!
これ、ズーム機能使ってないんだよ、すんごい近くに普通にいるのだよ。
ここはモンキーフォレスト
動物大好きな私がここに行かない訳にはいきませぬ、ってもんよ。
808
↑うじゃうじゃ・・・。
805
↑親子サルもかわいい~、赤ちゃんなんて目がクリクリだよぅ!
798
↑ちょっと立ち止まると、うじゃうじゃと。w
M君はマフラーを巻いているのではありません。
801
↑お猿さん、かなりリラックス中。w
大人の猿は、みんなソフトモヒカンだね。
789
↑それを見ていた私にもお猿の歓迎が。w
(ただ単に、なんかくれー、と思ってるだけ・・・)
うきょー、嬉しいよー!!!
猿バンザーイ!

しばらくここでお猿と遊びました。
見上げる木にも猿が色んな所にいるし、とにかく猿だらけでびっくり。
普段施設の中で餌をもらているので、とても人に慣れていておとなしいです。
790
↑下の猿、カバンに夢中過ぎる。w
ガイドさん曰く、猿は明るい色が大好きなんだってー。
ほんとかな?
816
↑すぐ近くには、大きいガジュマルの木がいっぱい。
大きいガジュマルの木がい~~~~っぱいありました。
すごいでしょ、これは1本の木なんだよ。
ブラーンと垂れる「つる」につかまってみた。
「LOSTみたいじゃね?!怪物がきたら、このツルの中に隠れるんだよ!!!」
・・・と私は一生懸命M君に説明してあげました。w


そんな観光の1日でした。

本当はもっと行きたい場所もあったけど、時間の都合でこれで終了
観光の定番どころの中で行きたかった場所にしぼりました。
定番すら行ったことなかったんだもん。
ちなみに行きたかった場所はGWK(ゲーウェーカー)、キンタマーニ高原、ブサキ寺院。
あ、キンタマーニって単語ウケルよね。
バリには「ニャンニャン」ってビーチもあるのが、これまたウケル。
バリ最高。ww

831
↑この日の戦利品。V
帰りはカルフールで降ろしてもらい、買い物してタクシーで帰ったのだ。
ビーズのサンダルは2万Rpだから、200円位で安い!
バリの塩や、ボディスクラブ(100円位だったので2個購入)、会社用のどうでもいいチョコレート、
ウイスキー、モンキーフォレストに触発されて買った猿Tシャツ。w(もちろんM君)
832
↑そして大人買い(?)したのはボカシオイル
これ、バリに行ったら絶対買った方がいいよ。
最近ジャンボサイズが発売されたらしいので、もちろんジャンボも購入。
湿疹、皮膚炎、アトピー、かぶれ、かゆみ、虫刺されなどのお肌のトラブル、
除菌抗菌、消炎、血液循環促進、肩こり、腰痛、筋肉痛、
神経痛・関節痛の改善、精力向上、消臭・・・等々、とにかくすごい。
現地の人は、風邪をひいたら水に1,2滴たらして飲んだりもするらしい。
このボカシオイルを使うエステもある位なのだ。

バリの家には必ずあると言われているボカシオイル、お試しあれです。
見つからなければ「マナ ミニャッ ボカシ?」とか言えば出してくれます。
薬局とか、スーパーにあるよ。






DEOXEE(デオキシー)

お仕事情報8万件以上!今すぐチェック

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/14 12:38】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(16) |
Bali8*バロン
Bali8*バロン
こんな保険あったの!?必見♪知って得する生命保険
【視力回復レーシックコム】





4月27日
この日は波乗りを完全にお休みして、観光の1日。
まるっきり私の希望です、すまんM君。w
波乗りしたいぜー!、とムスッとするかと思いきや、張り切って参加してくれました!
さすがMくーんっ!!!



行きたい場所だけ効率的にまわるために車をチャーターしました。
今回お願いしたのはDEKADI TOURS
http://www.dekadibali.com/carcharter.htm
タクシーに交渉してまわってもらうのもアリですが、
せっかく見るなら説明、解説してもらいたかったので、知識のあるガイド付きで
張り切って8時にホテル出発です。
時間の指定はメールなどで事前に相談できます。
車の中のおしゃべりも世間話以外にも、バリの生活、文化について喋りっぱなし。
以前あったテロの時の、観光事業の衰退した話などは、とても興味深かった。
本当に興味深くてきないのは、ガイドさんが話上手ってのもあるかもね。
「横顔がちょこっとジローラモ似だね」、とM君とボソッ。



まず向かったのはバトゥブランで見るバロンダンス
バトゥブランはバロンダンスの村であると同時に、石彫りの村。
向かう道には石像だらけで圧巻です。
ダンスは9時半スタートなのですが、うちらは9時前には到着しました。
569
↑はい、まだ誰もお客はいません、やたっっっ!!
そしてガイドのウエスナワさん。
時間を間違えて早過ぎたのではなく、これも計算づくさ!

わははははは!!

バロンダンスは一般的には午前中のダンスなので、
波乗り目的の私は「きっとバロンダンス見るのは最初で最後だ」と思っていたのです。
それならば!
1番前の、1番真ん中で見たい!、というリクエストにしっかりお答いただきました。
(席は予約なしの早いもの順。入場料は5万Rpだから600円位。)

567
↑ガイドさんに「ここで撮りましょう」と言われ舞台でパチリ。
大感激~~~~~
時間が来るまで席をキープし、3人で端で一服。
壁にもたれてまったりしていたら、真っ赤なアリが沢山歩いてる。
「これは危ないアリですから噛まれないようにねとの事。
うーん、大自然に囲まれてるなぁ…。
そんな頃M君は、足の甲にある、リーフで作った傷にハエがたかりまくり
むーん、これも怖いね、と絆創膏をペタリ。
うーん、ほんと大自然。w



九時半が近付くにつれ、お客がどんどん入ります。
まだ空いてるというのに日本人は後ろの席にばかり行く。
消極的な国民性を表してるのでは?
576
↑わははは、私は真ん中、おばちゃんパワー!

↑曲が始まり、劇のスタートは「おひょいさん」みたいな人が聖水をまきます。
(動画なので携帯では見られません)
カメラの動画モードで撮ったので、画像が悪いんだけど。

↑バロンの登場シーンを動画で撮りました。
(動画なので携帯では見られません)
592
↑やっと登場、バロン様~!
バロンは前後2名の方が中(?)に入ってるっぽい。
動くたびに「たてがみ」がフワッフワッっと床に落ちていく・・・。
599
↑バロンが猿にいじわるされて、むーん、としょげている所。
猿がバナナをあげようとするのに、ギリギリであげない~、というイジワル。w
話のストーリーは各劇団によって多少の違いはあるそうだけど、善と悪の物語
いつも正義が勝つ日本の話と違い、
バリでは善と悪がいつまでも存在し、戦いは終わらないというエンディング。
アジアっぽいな~。
入場する際に話、劇の内容が書かれた紙をもらえるので、「今はこのシーンだな・・・」って分かるようになっています。
642
↑終わって帰るとこ。
年齢層が広いな~、オージー多し?
劇の感想は、フムフムなるほど~、と言った感じで、
残念ながら「とっても面白い!」とまでは熱く思わなかったけど、
セリフの多い劇ならではの臨場感が楽しめました。
これでインドネシア&バリ語が完璧マスターしてればもっと楽しいのにな~。
そして地元の子供達が端っこから見ていたのだけど、魔女などが出てくるシーンはとても怖そうにしてるのだ。
とても迫力がある劇だからでしょうかね。

でも後半のクライマックスで家来が喜ぶシーンがあったんだけど、
「やったー、ブラボー!」って言ったのだ。

今までバリ語だかインドネシア語で劇してたのに、どうして?
喜ぶシーンを分かりやすくするため??
そこがちょっと「えっ・・・」って思ったところでした。ww






日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/14 09:48】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(2) |
BALI7*オダラン参加
BALI7*オダラン参加
メンズフェイススリミング専用男性化粧品
引越し価格ガイド




4月26日、文化に触れる夜
この日は初体験、宗教行事のオダラン体験です。
今までのバリでは「やりたい(行きたい)けど時間の余裕ないし我慢・・・」って事が沢山ありました。
このオダランもその1つ。
一歩歩けばお供え物だらけのバリ。
熱心に毎日お祈りする人々。
サーフガイドの車にも必ずお供え物は置いてあります。
何かに縛られるのは好きじゃないけど、熱心な姿勢がなんだか羨ましいような気持ちでした。
現地の人の宗教文化に興味があったのです。

オラダンとはなんぞや?、ってのは、簡単に言うとお寺建立記念のお祭って感じなのでしょうか。
バリには沢山の寺院があるので、同じ数だけオラダンもどこかで行われてるって事。
(1つの村には3つの寺院があります。)
バリのカレンダー(ウク暦、またはサコ暦)の1年に1度の寺院祭礼の日。
「郷に入りては郷に従え」って言葉があるように、礼儀もマナーもあります。
バリの人たちにとっては、オダランはとても大切な日なのです。
私が「おいおい・・・」って行動をしても、温厚なバリの人は怒ったりしないだろうケドさ・・・。
「1人でも参加してくるから、興味なければ別にいいんだよ」とM君に聞いたら、
彼も「おれも行くー!」と乗り気だったので、2人で参加。w




海から帰ってお風呂に入り、身をキレイに洗います。
夕方5時にロビーで待ち合わせしたのは、ウブドにあるAPA(アパ)センターのニョマンさん。
クタから北へ1時間位かかるウブドへの道のりは、
クタやレギャンとは全く違う雰囲気で、私とM君は大興奮でした
走るごとに雰囲気の変わる村の風景。
途絶える事なく続く緑は、とても濃い。
やっと「ホントにバリに来てるんだ・・・」って実感した瞬間でした。




まずはAPAに寄って衣装チェンジ
私はサロンと腰紐、M君はサファリとターバンも装着。

↑ニョマンさんがやってくれます。(静止画を6枚つなげました。携帯からは見られないかも)
日焼けで黒いM君は現地人のようだ…。
つうか、ニョマンさんより黒くね?

着替えたら向かう寺院はPura Samuan Tiga(プラ サムアン ティガ)。
ティガって場所にあるサムアン寺院(プラ)って意味ですね。
オダランの開催スケジュールは色んなサイトでも確認出来るので、
興味をもった方は、ぜひ参加してみて下さい!
http://www.apa-info.com/odalan.html



寺院の入口までの道のりは、両側ズラッと出店が。
529
↑日本のお祭りに似てるっ。
途中、腹ぺこなので、その中の屋台でご飯をモリッと食べます。
ハエがブンブンと恐ろしい数が飛んで衛生的ではないけど、
こうやって現地の人と同じ事をやりたかった私はウキウキ。
526
↑最高のテカり具合だっ、豚の丸焼き。
・・・の皮の入った、豚の皮入りナシチャンプルをいただきました。
柔らかい身の部分を入れてくれないのは、ナゼだろう・・・皮は猛烈固い。ww
(ニョマンさんは皮が美味しいと言ってたけど)
527
↑写真だと、あまり美味しそうに見えなくて残念・・・
これはナシチャンプル。
美味しいけど、辛くて&気温が高くて私は滝汗。w
基本的に辛い物が苦手なくせに、現地の物を食べたがる。ww



外国人は入口で名前、サインを書きお布施を払います。
私達は二人で5万Rp。(金額の相場は一人2万Rp位らしい)
割り門に入ると人の多さにびっくりで、村人すべてがいるのでは、って位。
中には小さな塔や建物がいくつもあって、その中では楽器演奏とかもしてた。
それを横目に人込みかきわけ、ニョマンさんとはぐれないようにうちら2人は必死に歩く。
着いた先は本堂みたいな建物の入口で、目的はお祈りをする為です。
みんなお香やお供え物を片手に持ちながらお祈りの順番を待ってます。
人口密度は朝のラッシュの満員電車か、それ以上。
もうやだ!、と思っても帰れない位みっちり、ぎゅうぎゅうでした。
バリニーズも汗びっしょり。
つうか、外国人はうちら2人しかいないのだ。
「これが昨日の夜なら、並びながら失神してたね」、とM君とボソッ。w



15分だったのか30分だったのか、はたまた実は5分位だったのか。
あまりの苦しさに時間感覚がおかしくなります・・・。

やっとうちらにも順番が!

狭い入口を「今度こそ入るぞー!」とみんなキャーキャー言いながら突っ込んでいきます。
神聖なお祈り前なのに力づく?w
みんなのすごい力で、つないでいた手も離れてしまい、
思わず「ニョマンさん待ってー!」と言うのが精いっぱい。
こんな思いをして入った本堂(?)が、本番の祈りの場所です。w
536
↑も~、本当にみっちり人が入ってます。
きっと1回で200人近くは入るのでは・・・それ以上か?
これが何度も何度も繰り返されます・・・。
一体村人は何人位なのか、気が遠くなりそう。
543
↑後列も、ギリギリまでみーっちり入ります。

男性はあぐら、女性は正座をして祈ります。
御線香に手をかざし、煙を手のひら全体になじませます。
親指は額にくっつけ、両掌を額の前で合わせ、
人差し指と中指でお供え物の花びらをつまみ、祈るのです。
チリンチリン…、と僧侶が鈴を鳴らす間、じっと祈ります。
鈴が鳴り終わるとまた次ね花びらをつまみ、繰り返します。
それを4回位繰り返し。

「スカスカ・バリ」に、お祈りの仕方が出ているので、参考にして下さい。
http://www.suka2-bali.com/suka2-tour/ivent/inorikata.html
目を閉じて鈴の音を聞いていると、なんだかクラクラ、足はしびれてジンジン
頭の奥まで響く音で思考が止まりそう。
最後に一人づつ、両手を広げ聖水をピュッ、ピュッとかけてもらいます。
542
↑前の列から順番に、聖水をかけてもらってるところ。
(御祈りが終わってから写真撮りました)
いただいた聖水はまずは頭に塗り、顔に塗り、最後は飲みます。
これでお祈りは終了です。

本当はお祈り中に、願い事を唱えるらしいんだけど、
私は熱いし足もしびれちゃうしで、クラクラしてたら忘れちゃいました。w
はじめは「無事にバリ旅行が続くように」って思ってたはずなのに。
むーん、残念っ。ww
550
↑すべてが神秘的に見えます・・・。
557
↑御祈りが済んだので、帰りましょう~。




夜だったし、行事も行事だったので、あまり写真は撮れませんでしたが、
参加出来て本当に大感激の夜でした。
私の人生の中でベスト5に入る位、すっっっごい出来事でした。
これが日常だなんて、眼からウロコが落ちまくり。

バリの人の中にも、毎日の御祈りをサボったりする人はいるみたいだけど、
このオダランは、絶対に参加。
参加しなければならない、というのではなく、参加するのは当たり前、らしい。
そしてみんな苦に思わず、とても楽しみにしているという事を聞いて、私は嬉しかったです







天然成分100%! 完全無添加のエモリエント・クリーム



宅水便のキララ・無料お試しキャンペーン実施中!!

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/13 09:30】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(10) |
Bali6*ハイアットリーフ
Bali6*ハイアットリーフ
女性のための適職紹介『WomanWill』
美容と癒しのスクールならビューティー資格ナビ!




4月26日土曜日。
487
↑この日も朝からいい天気で空は真っ青でした。
前夜ぶっ倒れたとは思えない位、なんだか頭が軽い。
冷えピタはりまくり攻撃で治ったか!?
一気に死んで一気に回復、我ながらスゴイ・・・。w
私ってば、死にそうになりながら長生きするタイプなのでは・・・。

M君も復活気味な私を見て一安心。
ほっ。
無理せず今日も頑張るぞ
477
↑という事で朝ごはんもモリッっと食べます。
483
↑リスがいるんだよ、分かるかな・・・?



みんなに「昨日は心配かけちゃってごめんねとご挨拶し、この日も波乗りスタート。
前夜キナに「ボートに乗ってくポイント行こうよ」とゆうリクエストに答えてくれ、
この日の入水ポイントはハイアットリーフ
497
↑車から見える景色も、とんでもなく素敵っ。
ボート乗り場からは私の視力では全く波のサイズが分からず。
キナに「サイズどの位?」と聞くと「胸くらいじゃん?」とのお答え。
そっか、それなら楽勝楽勝!
・・・でも、遠いのに白波が分かるってだけで、ちゃんとサイズあるよ、って事じゃねーの?
この日はまたまたゆかりん、きのこちゃんと合流サーフ。
そして本日のガイドはキナと、バンチョーに代わって、ユディ
ユディがまた、シャイでかっこいーのだ・・・ポッ
501
↑ボート乗り場から見える海。
今回はこのカラフルなボート(ジュクン)じゃなく、ジェットボートで。
ボートで一緒になった日本人親子サーハー、とっても素敵でした。
パパさんはきっと60才近くで、息子は高校生。
息子に負けてられっか、って事でロングを全部捨てて、ショートのみで頑張ってるらしい。
親子でバリやハワイで波乗り楽しんでるんだって。
なんだか素敵~。




ボートにはカメラを持ち込まなかったので、写真はナシです。
「波乗り20@ハイアットリーフで女子トーク」
ボートから海にジャンプして、ブレイクエリアまでわっせわっせとパドル。
安全な波のない場所までしか行ってくれないので、これだけでしんどかった・・・。
波は3つ位のブレイクポイントに分かれていて、奥に行くほど大きい。
最初にいた、端っこエリアは、とにかくカレントが強力で、あっという間に奥の波に運ばれてしまう。
恐ろしい~。><
しかも予想通り、胸より大きいじゃん!

キナのウソつきー!

「しかもレギュラーばっかりだしな、やべぇ、やべぇ・・・」と、
最初にいた端っこエリアにいようとしたのに、気付くとまた奥に流されてしまう。
むー。
キナもユディも、波が来れば「パドルー!」、と乗せてくれようとするけど、
流されまいとパドルしてるだけで疲れ気味な女子3人は、なかなか乗れずなのです。
とほほ。
ショートのゆかりん&きのこちゃんコンビは、後ろからほれっ、っと板を押してもらったりもしてました。
まさにハンドパワー。w




その頃M君はどんどん奥のピークに移動して、果敢にチャレンジしてました。
さすが男子じゃね~、スゴイ
キナもユディもこっちをサポートしながら、いい波にどんどん乗ってる。
かっこいいよぉー!!
私も沢山乗らなくちゃ、って思った頃、あっさりセットの波に巻かれフィンが外れちゃいました・・・。
気合い入れて深くドルヒンしたのに、結局水中回転しまくり。
フィンをなくしてなるものか、とフィンの流れ止めを2重にしていたのに恐るべしバリパワーだ。

でも、ぐるんぐるんになった私の体のそばにポコッっと浮いてきました。
助かった~・・・ほっ。
女子3人組は何度もセットの波に巻かれまくり、端っこエリアサーフ
無理する自信がありゃしない・・・。w
そんなうちらの近くにいたちびっこオージー男子。
きっと7~9才?
ゼェゼェ、ハァハァしながら、
「こんにちはー!調子はどお?大丈夫?」なんて上目線で英語で話しかけたんだけど、
「そっちこそ大丈夫かよ」みたいな目で見られ、「大丈夫さ」と言われました・・・。

クールでかっこいい~!(バカ)

 えび 「やっぱさー、子供といえども男がいると安心するよね~
ゆかりん「あー、すごい分かる!『そばにいて・・・(演技)』、みたいなw」
きのこ 「しかも結構かっこよくない!?」
等々、ちびっこオージーの話題できゃぴきゃぴしてました。w
女ってある意味たくましいよな~・・・ww
そんな女子3人も、なんだかんだ言いつつ頑張ったのですよー!
腕も足もパンパン。
ヘロヘロになりました~
489
↑ふへ~、疲れたぁ・・・。
502
↑ボート乗り場に戻って休憩。
なるべく日陰に入って&アネッサ何度も塗りまくりで、日焼け対策。V
507
↑左端に写ってるのはデザート。
いちごミルク的な物の中に、氷、アボガド、トマト、リンゴが入ってる。
初めて食べたな~。
冷たくて美味しいけど「この氷、平気かしら・・・」とちょっと心配。
水道水を凍らせているのか、ミネラルウォーターを凍らせているのか、判断つかず。
水は気をつけても、氷はうっかりしがち。
お腹を壊すことはなかったけど、お腹に自信のな人は整腸剤を飲んだ方がよいよ。
私は毎食後ビオフェルミンを飲んでるお陰か、まだ腹痛経験ナシです。




そして2R目はさくっとクタビーチへ移動。
「波乗り21@ハーフウェイ」
この日は夕方から予定があったので、さくっとクタで入って終了する事に。
514
↑そんなに波はよくなかったけど、ホテルに帰るのもまだ早いしね。
広いビーチなので、地形のよさそうな場所を選んで入ります。
「ジュース飲んでまってるから~(クタビーチならガイドいらないべ?の意味)」
・・・というおっさんキナを置いて、我ら4人とユディで波乗りだっ。w
必要以上に話しかけてこないけど、いつも近くにいてくれるユディはステキだ~っ。
むふ、かっこいいっ
波は、ピークがワイドで、ローカルもオージーも日本人も、なんだかいっぱい。
ここは千葉か?、と思うほど。

波取り合戦にはなかなか勝てなかったけど、
(いいセットはほぼ確実にローカル乗ってました。やっぱ最高にウマイ!)
ビーチといえどもパワーのある波を堪能した2R目でした。







アデコ株式会社


ジャムウプレミアムスティック

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/12 14:14】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(10) |
波乗り29@千葉北へっちゃらブイッ
波乗り29@千葉北へっちゃらブイッ
女性のための適職紹介『WomanWill』
総合比較サイト【ポータルナビ】




5月11日、日曜日です。
珍しく携帯から投稿なのだ
そして写真はなし


今日はいつもより早くに帰ってきました。
M君と海に行ってきたんだけど、
彼は呑み明けで死んでいるので、私はあっさり仮眠後に帰宅…。
(奴は今朝の4時に帰ってきたのだ
どうせ昨夜はフィリピンに行ったに違いない…ボソッ。w
私が25歳位だったら怒り狂っただろうけど、
最近はそうゆう気持ちにならないなぁ。
なんでだろ。
フィリピンだからか?ww


…と話がそれたケド、今日は千葉北のいつもP。
波情報だと胸肩~頭。
インサイドは波数多く、ドルヒンがしんどそうなので、
今回も堤防ジャンプ!
前回も恐かったのでドキドキ。
高いとこからのジャンプは怖いよー。
でも!!!!
バリ島帰りの私はいつもと違うぜ!
今回はあっさりジャ~ンプ。
M君も「今日はすごいじゃん」と。
むふふ~、まかせろっ
バリで、船やプールで何度もジャンプしたせいで慣れたのかも。V



波は綺麗だったケド、割れずらい波だったなぁ。
厚く、割れる位置がつかみ合うずらい波でした。
(ま、よく言えばフェイスの広い波?)
無理矢理パドル半分で乗ったりもしちゃった。w
プイーンとボトムに降りても、
最後はプルアウトせずともアンニュイに終わってしまう…。
むー、もうちょい掘れた波に乗りたいなぁ。



でも今日「よかった」と思った事は、
セットの頭近い波も怖いと思わなかった事。
このまま精神鍛えられていけばいいな~









CD/DVD 買うならタワーレコード

極上の逸品トマトジュース「蕃茄」は贈り物に大人気
【2008/05/11 21:37】 | **波乗り** | TrackBack(0) | Comment(11) |
Bali5*ダウン
Bali5*ダウン
はな物語のプリザーブドフラワーギフト
T&Gグループ・パートナーエージェント




4月25日
楽しかったねぇ~、とクラマスからホテルへ一旦戻ります。
みんなと一緒にいるとワーイ、って出来るけど、
「じゃあね~」と車から降りるとフラフラ
ロビーから部屋まで歩くのもしんどい・・・。
M君に「すまぬ・・・」と板を持ってもらい、どうにか部屋へ。
(もちろんこの時も、お股も痛いのだ・・・)
はふー


この後は、キナ、バンチョー、合流したゆうたん、きのこちゃんとの夜ご飯の約束
7時過ぎにお迎えが来ちゃう。
あーーーーー、行きたいけど行きたくないような。
行ける体調じゃないような・・・。
どうしようーーー。

でも、とりあえずシャワーをパヤッとあびて、髪を乾かしベットに横に。
イチャイチャするはずのベットも、単なる介護用だ。w
とほほ。
M君が何度も「行くのやめていいんだぞ」と言ってくれるのに「うん」と言えず。
だって・・・・行きたいんだもん。
せっかくの夜なのにー。

むーん・・・時間が経つほどしんどくなるよ・・・。><
とりあえず一旦死亡(?)させてもらい、時間ギリギリまで休憩。

そして・・・行く事に。

だってー・・・、行きたかったんだもん
楽しみにしてたんだもん。
ちょっと数時間だけだもん、きっと平気さ。V
465
↑・・・と言いつつロビーでは無言で堪える・・・。
もう前すら見えず。
466
↑夜になるとロビーの飾りも一層きれい。
約束の時間通り、キナ達が車でやってきた。
キナ「何食べたいー?!どこ行こっか~?!」
車中はゴキゲンムードだったので、私もつられて笑顔。
やっぱ来てよかったー、うん。
結局おまかせにして、キナのショップの前のレストランに。
1度歩いて通った場所だったので、「お、ここで食べれるのか」と結構嬉しかった。
何ってお店だったかな・・・ベランダなんとかって名前だったような。
ベネサリ通りのカーブの途中、小奇麗なレストランです。

472
↑壁には有名プロサーハーの写真がいーっぱい。
473
↑どっちゃり。
席について出てきたのは、ジンだかウオッカだかよく分からないけど強いお酒。
砕いた氷に入ってて、冷たくて美味し~い!
アルコールがきついけど、とっても幸せ。

熱があるから、体が冷えるだけで幸せでした。
こりゃ他にも呑むしかないね。(体調悪いのに調子こいた)
お魚とポテトの料理を頼んでモグモグ、M君もマヒマヒのグリルをモグモグ。
食事をしながら、行きたいポイントの波具合を聞いたりして終始和やかムード。
バンチョーは、彼女ネタで相変わらずつっこまれまくり。w

・・・だったのに。

食べ終わる頃、急に私はまたもや具合悪し。
なんか吐きそう。
トイレに何度も行き、吐こうか頑張ったけど、うまく吐けない。
席に座ってても目が回ってじっとしていられない。
どうしようどうしよう。
早く帰りたい。
誰か気付いて。

でもこの場のムードを崩しちゃ悪いしな・・。
・・・って1人で葛藤した結果、ギリギリで、
「ごめんキナ、私体調悪いかも、先に帰る。M君はそのまま楽しんでおくれ」と。
するとM君が「体調悪いか?それなら俺も一緒に帰るってば。」
キナは「え、送ってあげるよ!」と。
バンチョーは「だいじょぶ?」とオロオロ。
ゆうたんは「一旦横になった方がいいです!私も行きの飛行機で倒れたの!」
みんなが色々言ってくれるけど、とにかく一刻も早くレストランを出たかった私。
えび「だいじょーぶ、帰れるよ・・・
M君「1分待て!」(私が追加で頼んだアイスをかっこむM君。)
えび「やだ、もう無理、1分も待てない、1人にしてくれ」・・・と思ったと同時に

限界到来、ダウン。

私に触ったM君が「やばい、えびが、冷たくなってるー!」と。
あっという間に端の席に寝かされ、足を上げられ、脈を計られ。w
冷や汗びっしょりかいていました。
人前でこんなに死んだのはいつぶりなんだろぅ。w
恥ずかしかったー。
ワンピの下にショートパンツ穿いといてよかった・・。w

みなさん、迷惑かけてすいません
店員さんもびっくりした事でしょう・・・。
しばらく寝かされて、どうにか復帰。
座ってるのに貧血起こしちゃったみたい。
こんな事あるんだなぁ
476
↑すいません、立てるようになったよ。
・・・という記念で、目の前のキナのショップ前でパチリ。
懲りずにすいません。w
ゆうたん、きのこちゃん、ごめんよ、ありがとう。
M君にもアタフタさせちゃった、ごめんね。
キナもバンチョも心配させちゃったね、ごめんです。
明日も海
夜は薬飲んで即寝だ。







格安から5ツ星ホテルまで!<>検索&予約






日本最大のスノーボードのオンラインンショップ「SBN STORE」

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/09 13:18】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(16) |
Bali4*クラクラクラマス
Bali4*クラクラクラマス
保険のカンタン資料請求なら保険市場
♪新築マンションathomeで見つける理想の住まい♪




4月25日、前夜の風邪っぴきのままこの日はスタート
頭痛いしフラフラする・・・酔っぱらってるのに無理して呑んでる時みたいだ。
前夜よりも激烈に体調悪いんですけど・・・。
とほほ。
しかもオニューの海パンが固かったのか、内もも(デリケートゾーンギリギリ)がすれて痛い~。
足を閉じて歩くだけでも痛いょ。><
下(しも)の世話のようにお股に、ぐったりM君に絆創膏を貼ってもらう私。
両側合わせて8枚位貼ったのだ・・・。
イチャつくどころじゃない・・・。

で、でも!

ここで寝込む私じゃない!

バリまでの交通費、いくら払ってると思ってんのさ!!
燃料サーチャージ、いくらだと思ってんのさ!!
2万5千円だったよ~~~。><

こうしてる間にも時間は過ぎるし頑張るぞー、と薬をゴクリ。
あ~、ルル持ってきといてよかった・・・。
歯を磨いて準備しなくちゃ。
お腹まで壊しちゃ大変だから、歯を磨くにもミネラルウォーターを使います。
(さりげなくお腹がデリケートなので)
そして腸内細菌を元気にする為に、食後はビオフェルミンもゴクリ。
(海外に行く度に、ビオフェルミンは飲んでいます)





おはよ~、と迎えに来たのはキナじゃない、あれれ?
ん?
なんで?
「キナは?」と聞くとすぐ来るよ~、との事。
すぐ近くに泊まってる女子サーハー2名(ゆうたん、きのこちゃん)のお迎えに行ってるらしいのだ。
この日は一緒に入るべ、とみんなで合流サーフ。
デカイ波乗りたいぜ~、とハァハァしてる男子サーハーじゃなくてよかった。
ほっ。w

ガイドもキナだけじゃなく、お迎えに来てくれた後輩のバンチョーも一緒です。
410
↑そういえば前日チャングーでも入ってました、バンチョー、21才、若い~っ。
キナは37歳って言ってたっけかな?
車中ではバンチョーに色々質問攻め。
「ねーねー、あれなに?」から始まって、
「キナってバリでどの位有名なの?」とか、
「バンチョーはどこのローカルなの?」とか、話は尽きず。
バンチョ曰く、「キナはバリのサーハーなら、みーんな知ってる人だ」と。
それを聞いただけでも今回のガイドは成功かもっ。
そして、彼女の話になるとデレデレになるバンチョー。w
むほほ、かわいいのぉ。

そうこうしてるうちに、海に到着。
この日は波チェックしたクラマスがツルッっとしてたので、ここに決定デス!
波乗り18、19@クラマス最高!



着いた海はツルンツルンでテンション上がる~!
でもちょっとドキドキ・・・クラクラ
・・・頭ガンガンですけど~・・・。
こんなにいい波なのに酔っぱらい状態の私は、自分に喝!!!
頑張るぞー、ガオー!!!




リーフを避け、左側からぐるっとエントリー。
波のサイズは肩セット頭位?
普通の波と、セッの波との質が違い過ぎて、セットは怖かった・・・。
ぐぐぐぐ・・・・と、ぶ厚いうねりがやってきたと思ったら、突然モコッっと掘れる波。
しかも早い~っ
苦手なレギュラーに、私はドキドキ。
M君は新しい板でのパドルが相変わらずしんどそう・・・ファイト!
だけど相変わらずキナやバンチョはビシッっと乗ってました。
キナがチューブくぐってるの2回も見ちった。
かっこいぃー!!
サーフィンワールドの雑誌を、生で見てるみたいだったよ。

私はバンチョに面倒を見てもらって、なるべく横に。
ピークの場所がピンポイントで決まってるので、なるべくそこにいるようにしたのだ。

ちょっと流されると「こっちこっち」と呼びもどしてもらえるので、安心無敵。
「えびちゃんゴーゴー!」と言ってもらえると元気UP!
キナとバンチョのお陰で、うちらはいつもいい場所から乗らせてもらえました
ありがとう、キナ&バンチョー
でもフラフラ~・・・
3767
↑きれいに撮ってもらいました。
3774
↑びびってチョットバック・・・。
3926
↑頑張ってます。
4074
↑サーハーと衝突しそうで死ぬ思い3秒前・・・。
1R目、上がってからはのーんびり過ごしました。
撮ってもらった写真を選んで、ワルンでお昼を食べ、まったりまったり。
早々に2R行く子もいたけど、私は風邪のせいか頭がガンガン・・・
409
↑徐々にサイズも下がってきたような?
411
↑キナの板。
「たまちゃんだよ」との事。w
でもきっとこれ、バリのお塩のメーカーの絵に似てるかも・・・?
バリのお塩はめちゃウマで、世界一(ほんとか?)です。
イルカのマークのお塩、お土産に買っていくべきです。

414
↑えびの板もいっちょまえに板置場へ。w
452
↑目の前を馬が通り過ぎ・・・
455
↑お約束の「いとしのエリー」を歌ってくれる。w
(この日だけで4回はエリーを歌っていたような、ありがとうごじぇぇます。ww)
458
↑犬と一緒にあひるの大群を追いかけてみたり。
「わーいっ、なんだこれーーー!!!」と言ってる模様。
そんなまったり時間でした。
2R目は、のんびり後半に入水。
1時間ちょいでフラフラで上がってしまったけど、徐々に波が悪くなってきたのが救いだった。w
やっぱ健康第一じゃね

ちなみに。

波乗りを続けていれば、またいつかどこかの海で会えると言いますが、
クラマスで波乗り開始早々に、
こいつ・・・もしや・・・」と思う人を発見。
目をそらさずジーッっと凝視。
そいつは・・・去年のダメガイド、ニョマンでした!!!

「ニョマンだ!」と声をかえると「そうだよ~」とニッコリ。
うーん、おそろしや。w
つうか、なぜ笑えるのか・・・。

M君はそれから「こんにゃろー、お前ー」と何度も言ってたらしい。w
ニョマンは相変わらず早々に海から上がり、客の日本人はムスッっとしていました・・・。
そんなクラマス。w
あー、しんどぃ。








イーキャリアプラス

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/08 15:41】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(20) |
Bali3*波乗りチャングー
Bali3*波乗りチャングー
【今すぐ】WEBアンケートモニターのCyberPanelで謝礼GET【登録】
アバクロ激安通販!アウトレットコム





4月24日木曜日
336
↑今日は蝶の日。(眠そう・・・)
ロビーの池(花瓶?)の花模様が毎日変わるのだ
きっと「お花係り」なるものがいるに違いない。
スラマッパギ~(おはよ~)、と6時に起きて支度&朝食へ。
前夜は一切夢すら見なかった。爆睡とはこうゆう事だな・・・。
300
↑部屋からレストランに向かう道も、わんさか植物が。
南国ならではのバナナの木や、ハイビスカスなんぞもモリッっと生えています。
前回泊まったホテルでは、(バリマタハリでした)
ナシゴレンorミーゴレンorトーストという3種類しかない朝食だったのに、
今回はビュッフェとはいえ品数豊富&豪華で大満足。
下を知ってると、少しの事で大感激。ww
高級ホテルじゃなくとも嬉しいぞぃ
オムレツとかもその場で焼いてくれて、うまかったー。
本当は目玉焼きを食べたかったけど、
「・・・英語で何て言うんだっけ・・・」と思い浮かばず、ついオムレツで。w
朝食の時まで、英会話の本なんて持ってきてないし。
しかも目玉焼きだと「どの位焼きますか?」とか、きっと聞かれちゃうんだよな。
むーん・・・英語は得意じゃないのだ・・・・。

291
↑テラスで食べてると、チュンチュン・・・って鳥がやってくるよ。
ご飯やパンをあげると、足元でモグモグ食べるのだ。

かーわーいーいー!!

きっと慣れてるんだよ~
屋根には尻尾フサフサのリスがシュタタタターって走っててかわいい!
動物に囲まれての食事なんて、なんだか幸せ~。
えびと愉快な仲間達inバリって感じ。w
285
↑そして朝食後はレストランから波チェック、クタビーチを見ます。
ちょっと曇り空だったけど、海は道を挟んだすぐ向こうなので、よく見えます。
そしてM君の足元は、部屋のスリッパのまま朝食に来てました・・・。ww
君は社員旅行のオヤジか。


この日は、お友達でありBB師匠のTDO君に紹介してもらった、サーフガイドのキナとの波乗り。
波乗り16@チャングーで1発目。
前回お気に入りになった、ケティに頼むか考えたけど、
また当日になって「ごめーん、今日はニョマンでもいい?」と言われるのが恐ろしく。w
(前回、最終日のガイドのニョマンの野郎には頭にくることばかりだったのだ。)

だったら友達の贔屓にしているガイドさんにしてみっか、という事でキナで。
バリ最高!」のDVDに出てるらしく、期待大。
(すまん、見ないまま渡バリしてしまいましたw)
TDO君、ありがとー



どのガイドさんを頼んでも、
「今日はどこ行く?」
「どんな所で入りたい?」
「どんな波がいい?、リーフ?ビーチ??」
「どの位サーヒンやってるの?」
・・・みたいな会話をして、その日のポイントを相談します。
例えば「頭以上は無理!」とか「ホレホレチューブがいい!」とか言っておけばよいのだ。
いきなりエグイ波には連れていかれないので大丈夫V。
この日は「チャングーがよさそうだよ」というキナの言葉を信じてGOです。
この時期は雨季と乾季の変わり目で、私にはよく分からないんだもん。
よく知ってるキナにおまかせしますっ
306
↑バリ犬が自由にうろうろ。
みんな目が細め、鼻づら長めな顔。
なつかないうちに触ろうとすると噛まれるので危険です。
6330
↑M君、キナと準備体操の図。
ニューボードにドキドキしてるに違いない。
326
↑入ったのはセンターで、レギュラー、グーヒー共に波が立ちます。
波は胸肩位で、バリに来たのにちょっと小さ目
ま、こんな日もあるさ。
怖い波で遊びたいような、無難な波で遊びたいような複雑な乙女(?)心。
でも厚くてパワーがあるせいか、日本の波とは全然違うなぁ。
走るスピードが違うような・・・。

たまのセットは頭位あったけど、リーフなのでセットから逃げるのも大丈夫でした。(乗らないのかよ)
「グーヒーが好き」との言葉を聞いてもらい、キナにもグーヒーエリアにいてもらう事に
M君も合わせてグーヒーエリアにいてくれました。
ありがと~ぅごじぇぇます(ガルーダ風)
初日はやっぱりビビってしまうので・・・えへ
波が来ると1番ピークにいるキナが「えび、パドルパドル!」と声をかけて乗らせてくれます。
ちょこっと大きい波が来ると、セットだと思い「わ~い」と乗ってしまうけど、
裏の、もっと大きいいい波はいつもキナがグイーンと乗ってました。w
かっくいー!
M君もオニューの板に最初は戸惑ってたみたいだけど、
なんだかんだ言いつつもガシガシ乗ってました!
(今回の板は薄めでパドルだけでもしんどいらしいのだ)
6370
↑M君。
波がパリッっとしてないな~、きっと途中のミドルから乗ったやつだぞ。
(こんな写真はいらねー!、と言ってました。でも記念だしね。)
6456
↑えび。
いつも口開いてるような気がする・・・でも笑顔じゃないなぁ。




ワルン(海の家)でお昼を食べて、2R目もそのままチャングーで入水。
波乗り17@チャングーでトロ波。
お昼を食べていると周りにはワンコが「くれ!くれ!」と集まってきます。
しっしっ!、と追い払ってる人もいるけど、動物ラブな私は大興奮
毎日こうやって囲まれたいぜー
ぐふふ。
308
↑キナ@ワルン(左)と、勝手に撮影してくれるカメラマン。
309
↑波チェックする後ろ姿も凛々しいな~。
沢山日焼け止めをつけて、タッパを着て、サーフハットをかぶっているけど、
やっぱり黒い肌はステキです



1R目よりもサイズもパワーもなくなったか?、と思いつつも、人も減ってストレスも減ります。
1R目に日本人女に何度も前乗りされたので、ムカッっときていたのだ。
どうしてバリに来てまで・・・くそー。
ヘイ!、って2回も言ったのに治らないのだ。
わざとか??
私以外にも前乗りしまくってました・・・。

乗って~、パドル~、乗って~、パドル~、・・・。
そのうちに乗れそうで乗れないー!、って変わってきた頃、体力切れで終了。
はふー。
今日はとりあえずこれで終了じゃ。
318
↑上がってからの波。キレイだけどツルリンとしてないな~・・・、でもやっぱキレイ!
322
↑どの写真にするかワルンの奥で選んでるところ。
332
↑チャングーからの帰り道。
すでにここらへんエリアは稲刈り時期でした。
バリはずっと南国気温なので、多毛作が多いんですよ。




ホテルに帰ってから、無理矢理プール遊び→ビーチ散歩→買い物へ。
せっかくあるんだもん、と思うと入らずにいられない貧乏症。
384
↑M君ビーチで、はしゃいでおります。
385
↑はしゃいでます・・・。
389
↑クタスクエアーは相変わらず人も車もバイクもいっぱい。
クタスクエアーまではタクシーで200円位だったかな?
色んなタクシーいるけど、ブルーバードが無難に安全かも。
自分で値段交渉するタクシーもあるけど、以前車の中で、運転手と喧嘩した事があるので・・・。
「バリマタハリまで」って言ったのに、着いたら「バリバンガロー」だった。
もうこの時点で「ハァ?」って感じ・・・聞き間違いにも程があるだろ。
「ここじゃないよ」と言ったら、
「ここからバリマタハリじゃ、またぐるっと回らなきゃいけないだろー!」と運転手が突然キレたのだ。
「お前が間違えたんだろぅーがーよー!」(日本語&運転席わし掴み・・・)と私。
何言ってるか分からんが文句ばっか言うので、
「じゃあここで降りる!(英語)」と言ったら文句言いつつ、またバリマタハリまで行ったっけ・・・。

大した金額じゃないので、慣れないうちはメーター使う方がいいかもね
いーっぱい走ってるので、難なく探せると思います。
400
↑この日のうちらの戦利品。V
チトラのクリーム、また買っちゃった。
そしてワンピや、バリコーヒー(蝶のマークのやつが美味しいデス)、歯磨き粉、リュック、
サンバルいっぱい、サーヒンDVD、ガラム1カートンなど。
そして、この頃になると日焼けと疲れだけではないであろう、体の不調に気付く。

し・・・しんどい・・・。

鼻水止まらないけど?
ずっと頭痛いけど??
プールのせい???
冷房のかけ過ぎ????

サークルKで適当にパンを買って食べ夕飯がわりに。
しょぼぼーん・・・。
旅行2日目で風邪をひいてしまったらしく、手にはペットボトル、額に冷えピタ&薬を飲んで苦悶の顔で就寝デス。
イチャつく余裕なんてありゃしません。

夜中に高熱のせいか、恐ろしい夢を見た。
夜中トイレに行って鏡を見たら、眼の中に黄色のししゃもの卵みたいのがぎっしりつまってる夢。
ギョエー!キモイ!!!
死ぬ!!!
こわいでしょ?!
どうしよう、旅行どころじゃないじゃん!!・・・という夢でうなされていたのだ・・・。

そんな1日でした・・・ナムー。







プロご用達ネイルグッズが10%OFF以上で販売

探していた材料が見つかる、お菓子材料の店「クオカ」

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/08 10:13】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(20) |
Bali2*出発、到着の1日
Bali2*出発、到着の1日
瞬間60秒コスト無料サンプル
『AS KNOW AS』公式通販サイト



ただいまー!

5月7日水曜日、元気に仕事に来ています
仕事はたまってるケド、どんどん更新するぞー。
カテゴリーにも「BALI★2008」を作ったので、沢山の旅行記を書こうと思います。
いつも旅行前は色んなサイト、BLOGを参考にしてるので、私も「ためになる旅行記」を書きたいなあ、と。
BALIってどんな感じ?、
上級者じゃなくても波乗り楽しめる?、
海以外ではどんな事してきたの?、

ってゆう、BALIバージンの人達の為にも色々と。
そして同じようにいつかBALIで楽しんでもらいたいです。
「年に3回は行って渡航回数20回オーバー!」って人は読んでも面白くないと思われます。w




4月23日水曜日。
眠い朝も、この日はシャキっと起床。
成田への道も、助手席で化粧をしながらウキウキでした。(化粧のしないM君が運転係)
そしてM君はもっとウキウキ。
なぜならば前夜にオーダーしてた板が届いたからなのさっ。(どんだけギリギリなんだ・・・)
空港でパヤッっと出国手続きを済ませたら、蕎麦屋で朝食→成田買い。
現地での日焼け対策でクリーム3種類購入なのだ。
今回は顔の皮をむきたくないっっっ、という気合いの表れ。
バリ島の免税店は化粧品の種類が少ないので、今回は成田で早くもお買い物デス。
それといつものようにタバコを1カートン。
(現地の煙草は強烈パンチでクラクラなので、私は吸えませぬ~)

そして、今回も航空会社はガルーダでした。
でもガルーダに乗るのも、もしかしたらこれが最後かも~、なんて私は個人的に思ってます。
スポーツ用品の受託荷物が無料で、直行便+到着も早いからガルーダだったのに、
これから料金も取られるようになるらしい。(日にちがどんどん更新されてますが)
だったら20年超えという噂(?)のボロい機体のガルーダよりもJALとかがいいかなー、なんて。
あの、たどたどしい、
「ども、ありがとうごじぇぇます」って日本語や、無愛想なCAがツボではあるのだけど。

バリまでは7時間位で到着です。
179
↑離陸っ!(毎度この瞬間は緊張するよ・・・)
189
↑真っ青な空に、フワフワの雲がかわいいのぉ~。
206
↑CAのお姉さま、とっても美人&いい匂いがしました。



空港に着くと独特の香りと雰囲気で、嬉しい嬉しい嬉しい~~~∞
224
↑空港なのに(?)バリらしさ満点。
226
↑ついジロジロ覗きこんでしまうM君。
「絶対やる気ないだろ?」ってモロバレなスタッフがとっても多く感じるけど、
それはそれでご愛敬なお国柄。w

日本もお琴の音楽が流れていたり、「ししおどし」みたいなものを作ったりすればいいのに。
そして日本瓦、みたいな。w
きっとステキなのにな~・・・、そう思いませんか?



空港でとりあえず1万円分だけ両替。
空港のレートはそんなによくないけど、ま、とりあえず。
日本でRpに両替するのはレートが悪過ぎなので、やめた方がいいです。
ビザを日本円で払えばおつりがRpでもらえるらしい。(これだと両替の手間が省かれる)
・・・だけど、これまたとってもイマイチなレートらしい。

今回は1円=85rp(1万円を両替すると850,000Rp)
レートの悪い空港でさえこの値段だなんて、むふー。
そしてホテルへ。
今回のホテルは、ずーっと泊まりたかったアラムクルクルです。
女の子に人気というだけあって、やっぱカワイイ~。
何を見ても大感激で若い子wみたいに「わーん、カワイイー!」を連発しちゃう。
231
↑スタッフにお風呂場を見せてもらうとハートのフラワーバスになってるー!(興奮してブレた)
「じゃんじゃじゃーん」みたいなノリで見せてくれる、ノリのいいスタッフでした。
236
↑そしてウエルカムフルーツの他に、ハッピーハネム-ンのケーキがありました。
これまた最後に「じゃんじゃじゃーん、どおだっ」みたいに。
むふ~、嬉しいなあ。
ケーキは大きくはないけど、とっても嬉しい気分にしてくれましたよ
そしてその晩はイチャイチャする間もなく、張り切って買い物に。
あっちで買えばいいや、とラッシュガード等を用意しないまま来てしまったので・・・。
274
↑この日の戦利品。V
チトラのクリームはいい匂いで大好き。
・・・けど、一緒に買ったクレンジングは、マスカラは落ちず。むーん。
ピンクのボトルは洗い流さないヘアトリートメントで、髪サラッサラになったよ!
もっと大量に買えばよかったかもー、って帰ってきてから後悔しました・・・
261
↑そして晩ごはんはホテルの近くにあるクタフードコートでモリッっと食います!
屋台みたいのが並んでて、好きな店で注文して食べるシステム。
うちらは入口近くの中華ちっくな店で食べました。
266
↑M君もビンタン呑みますっ。
ナシゴレン、ビーフン炒め、海老の黒胡椒ソース、ビール3本、アクア1本で700円位でした。
安いってスバラシイ
次の日(4月24日)は8時からいよいよ波乗りです。
早起きしなくっちゃー!
むふー。
朝ごはんはどんなの出るんだろー。
むふふー。
リーシュもテザースも新品にしておいたし、WAXもトロピカル用意したし!
現地のワックスは日本と変わらない値段なので、現地では買いませんでした。
浮かれる気持ちを抑えて、おやすみー。
(キャー!ベッドがフワフワ~~~!!!)








普通電話・携帯へSkypeから格安通話


神奈川クリニック眼科のレーシック割引クーポンはこちらから

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

【2008/05/07 11:25】 | **2008★BALI** | TrackBack(0) | Comment(21) |
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。